みちのく通信

わたしの故郷 みちのく 東北地方の話題を地元新聞 テレビなどからピックアップします

サッチー

あのサッチーが亡くなりました。

楽天の元監督だった、野村監督の奥さんです。

なにかとお騒がせなお人でしたね。

 

驚いたことにサッチーは福島県西郷村(にしごうむら)出身だったのですね。

地元の福島民友新聞にそう書いてありました。

 

死因は虚血性心不全だそうです。

どういった病気かな?

心臓がわるかったのでしょうか?

12月8日に亡くなったようです。

 

 

福島県西郷村というところは、福島県中通りの県南に位置する村です。

栃木県の那須にも近いですね。

白河市にも近いです

大きな工場などもあり、オリンパスなどがあります

だから財政が豊かなのか白河市と絶対に合併しませんね。

レタスなどの高原野菜が美味しいところです。

また、イオンなどのショッピングセンターなどもあり、東北自動車道の西郷バスストップなどもあり、(東京に行く高速バスもとまります)

このバスストップはイオンにも近いようです。サッチーの死去のニュースで、西郷村出身だったことに驚いた私です。東京出身かと思っていましたから。

そしてどうやって野村監督と知り合ったのかなあと思いました。

野村監督のとてもがっかりした姿、テレビで拝見しました。

夫婦のかたちもそれぞれ・・・・

サッチーのご冥福をお祈りいたします・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

来年のカレンダー

地元の銀行から無料で配られているのをもらってきました。

ATMの脇においてありました。

 

 

先日 ATMで1円玉入金の際にお世話になった銀行のカレンダーです。

会津只見線(ただみせん)からの風景のようです。

今年のカレンダーは映画「はつ恋」の舞台になった「小沢の桜」でしたね。

 

 

もうひとつの銀行のはこちら

 

会津出身の版画家、斉藤清氏のものです。

私としては、こちらのほうが好きです。

斉藤清氏の美術館は喜多方市にあると聞きました。

昔ながらの日本の原風景を版画にしていますね。

地方の銀行のカレンダーなどは、地元の風景を題材にしていますね。

青森の信用金庫などでは、奥入瀬の風景だそうですよ。

 

それにしても経費節減からなのか、両方とも12ヶ月ものではなく、大きな紙に1枚で年間のカレンダーです。

昔、景気のよいときは、どこの企業も気前よく、12ヶ月もののそれはそれは立派なカレンダーだったかと思います。

そして今では無造作に銀行ではATMの脇に置かれて「自由にもっていってください」と書かれています。

人口知能の導入とかで銀行の窓口業務も減ってきて、銀行員の仕事もなくなってくるという話を池上彰さんのテレビで聞きました。

一昔前の銀行では窓口で丁寧に、カレンダーを渡していました。

時代の波です。

昔は昔、私としては、カレンダーもお客さんが自由にもって行く、今のやり方でいいと思いますし、見開きで1枚ので十分だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋田犬はもともと狩猟犬

私は小さい頃、父の転勤で、秋田県の北部にある「大館市」(おおだてし)に住んでいました。

私は、大館で生まれました。

大館市というのは秋田犬の本場。

その頃は、秋田犬を飼っていたお宅も多かったようです秋田犬ってとっても大きいですよね。

私は小さい頃、私自身は記憶にはないのですが、

両親の話によると、ご近所の大きな秋田犬に吠えられたり、追いかけられたりしていたようです。

秋田犬のわんちゃんにとっては じゃれ合いたかったのでしょうが……。

私自身としては、記憶にはないものの、それが「トラウマ」になってしまったみたいで、私は大人になった今でも犬が怖いです。

写真やテレビで見ると、かわいいなあと思いますが、飼おうとも思いませんし、

近くに寄ってこられると、困ってしまいます。

そんな犬ですが、来年は 干支 なんですね。

最近では、わんちゃんもねこちゃんも、家族同然ですものね。

 

こんなツイッターもあげました。

写真でみるぶんには、かわいいですけど・・・

 

 

秋田犬は、もともと秋田の「マタギ」という、熊などを捕獲する猟師にお供する

狩猟犬として飼われていたと聞きます。

私が生まれた大館市は、まさにマタギの里に近いところだったわけですな・・・

そんな「マタギ」も今では、イオンの福袋の体験版として売り出されているらしいです。

 

 

前回の冬季オリンピック秋田県から、マタギの子孫だという、秋田県出身の女子選手が出場していました。

 

ノルディックスキーとライフルを組み合わせた競技 

バイアスロンに出場していました。

 

来年のピョンチャンオリンピックに出場するかあとで見てみますね。

鈴木ふゆこ選手だったかと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋田犬(あきたいぬ) の「ぶさかわ犬」わさお

ツイッターに秋田犬の話題がいろいろありました。

来年は戌年なんですね・・・・

 

ぶさかわ犬の わさお ちゃんの飼い主さんが亡くなったというニュース。

わさお」は映画にもなりました。

わさおちゃんを飼っていた方は73歳で亡くなられたようです。

青森県鰺ヶ沢町(あじがさわまち)の方です。

鰺ヶ沢町というのは、青森県日本海側のほうで、津軽地方ですね。

私も秋田から弘前市(ひろさきし)に行く道すがら通ったことがあります。

鰺ヶ沢は、夏の終わりから秋の初めにかけて「いか漁」が盛んな地域。

「いかのカーテン」がその頃見られます。

日本海の青い海と白い いか・・

いかを天日にあて 干しているのです。

わさおちゃんの飼い主さんも、「いか」で商売をしていたようですね。73歳で亡くなるとは・・今だったら、少し早いのではと思います。

御冥福をお祈りいたします。

わさおちゃんは、飼い主さんの周りの方のお世話になるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋田の海岸線が危ない・・・

相次いで北朝鮮からの、難破した漁船が日本海側の秋田県沿岸に打ち寄せられています

 

先日は、青森県日本海側のほうへ、北朝鮮のミサイルが落ちたというし・・・

今回はJアラートはなりませんでしたが、なったとしても、前回同様「成すすべなし」といった状態です。

秋田の男鹿半島沖や由利本荘市などでも北朝鮮の怪しい漁船が漂着したようですし、、、

そのうちの8人は長崎県の入国管理局に移送されたというニュースをみました。

工作員かもしれないですし・・・

私の実家のある秋田市は海に近いので、工作員がもぐりこんできたらどうしようかと思います。

ミサイルよりも、こっちのほうが私は怖いと思います。

漁民も、漁をしないと生活が出来ないし、おっかなびっくりで操業をしているというニュースもありました。

 

秋田市も十年くらい前の春に、北朝鮮からのミサイルがくるというので、外出はしないようにというお役所からのお達しがきて、実家の両親もその日はどこにも出かけずに過ごしたと言っていました。

でも、アラートの誤報が続き、なんだかなあ・・

とも言っていました。

その時は北朝鮮もミサイルも、日本のアラートもそれほど、精度が高くなかったのでしょうか。

 

お役所なども、なんらかの対策は講じているようですが・・・

秋田市の新屋(あらや :むかし秋田空港がありました)の空港跡地に地上イージスを配備するそうです。

十数年前の北朝鮮からのミサイル発射の警戒が高まったときにも、PACK3とかいうものを配備したようです。

母の話では、夜中に、新屋に自衛隊のPACK3を配備する部隊が集結し、夜を徹して輸送配備したといっていました。

大きなものなので、配備するために輸送時、コンクリートの塊みたいなのに、輸送するためのトラックがぶつかったというニュースも私は記憶しています。

装備本体は無事だったようだけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原発事故の後処理はまだまだ終わっていない・・・汚染土、中間貯蔵施設へ

うちにも、町内会の回覧板が回ってきました。

福島県全域で出た、原発事故による汚染土の搬入地として中間貯蔵施設である大熊町に持っていく段取りのお知らせでした。

 

 

ようやくうちの場合は住宅の庭の一角に埋めてある

(いわば、うちの中間貯蔵施設)

汚染土を持っていく作業が始まるようです。

福島県全域ででた汚染土を中間貯蔵施設である大熊町に運んでいくようです。

うちとしては早く持って行ってほしいのですが、大熊町の苦渋の決断、原発事故でふるさとを追われた人の気持ちを考えると何とも複雑な思いがします。

 

私があげたツイッター

 

 

 

うちの自宅の住宅除染は今から4年前

平成25年の夏に終わりました。

雨降りも重なり約1週間かかりました。

汚染土は穴を掘って遮蔽シートにくるんで庭に埋めてあります。

 

除染前 除染後と線量を何カ所か分けてはかったり、高さも1メートルとか30センチとかでもはかっていきました。

さすがにぐんと下がりましたね。

最低でも3割から5割くらいは線量が激減しました。

除染の土木工事会社は、大手建設会社のさらに孫請けの零細企業だと思います。

線量をはかる会社は別で、いろいろ話題の「三菱マテリアル」たぶんここの子会社だと思います。

暑い中、ご苦労様でしたという気持ちはあるものの、私はそんなに「いい人」ではないので、

除染作業員に対しては、私ははっきり言っていい印象は持っていません。

除染作業員が起こす、事件や事故、よく新聞ニュースで見かけたからです。

同僚を殴った暴力事件や、飲酒運転、窃盗犯罪 薬物犯罪などなど・・

(除染作業先の住宅から物を盗む不届きものもいたようです)

極めつけは、大阪の寝屋川市の中学生を二人殺害した者が、二本松市で除染作業に加わっていた大阪出身の男だったこともショックでした。

除染作業員は、中には一生懸命に取り組んでいる人も見かけましたが、

全般的に、お金に困っている人が多く、なんらかの過去を背負っているような感じの人が多くいる印象でした。(Tシャツの下にうっすらと 入れ墨のはいった作業員をみたという人もいました)

除染作業員というのは、福島県内の出身者もいましたが、県外、遠くは関西や九州から来ている人もいたようです。

今まで、平和で穏やかだった、福島県内でこうして物騒な事件事故を起こす・・・原発事故さえなかったら、平和に暮らしていけたのに・・と思います。

うちも除染作業を受けている間は気が気じゃなかったです。

うちは、夫婦共働きで日中は仕事でいないので留守にしています。

窃盗事件も聞いていたので、出かけるときはきっちりと鍵をかけ、洗濯物などは中に干していました。

もちろん、除染作業がしやすいように、外回りの物などは片づけてきれいにしておきました。

仕事から帰ってきて、除染作業とはいえ、

まったく知らない除染作業員が庭先でうろうろしているのもあまり気持ちのいいものではありませんでした。

これから、庭先に埋めてある汚染度の搬入が始まるということは、また、除染作業員も来るということか・・・と思うと、なんだかなあ・・・やだなあというのが私の正直な気持ちです。

私だけでなく、私の知り合いも 除染作業員・・というと眉をひそめる人もいました。

除染作業員の人たちって、たばこ吸う人が多いようで、これで郡山市の税収が上がったそうです。

市議会議員の人に聞きました)

たばこの税って市民税、つまり郡山市に たばこ税 がはいるわけです。

除染作業員のたばこの火の不始末が原因で、二年ほど前に宿泊先の住宅火災を起こしたニュースがありました。

実は私の職場の近くだったので、消防車のサイレンのけたたましい音が響き渡ったことを思い出します。

こうして、原発事故というのは、一度おこると、一般市民の生活を不安にさせ、格差や差別を生み、その影響は計り知れません。

私にもこうして何らかの人を差別する心を持っていることに自分自身、気が付きました。

 

原発故は後始末にこうして何年もかかっていきます。

身近な市民生活にまでこうして影響されるので、

私は原発はもうやめてほしいと願っています。

 

 

 

 

幸楽苑は福島県が発祥の地。

 

その昔は、幸楽苑は「会津っぽ」という名前のお店だったのですよ。

今では全国展開しているようですが、

西日本の店舗を中心に、閉店するようです。

時代の流れは速いですね。

 

社長の新井田(にいだ)さんは、全国展開するときに、

福島県のなかでも経済県都で競争も激しい、郡山市で成功したら、首都圏にまで進出していこうと思ったそうです。

新聞記事で読んだことがあります。

新井田さんは会津の出身。

会津っぽ」という名前は、「会津人」「会津出身のひと」という意味かと思います。

私は郡山市に来たのは就職のためで、残業の帰り、同僚に誘われて、初めて会津っぽに入って食べたとき、とても美味しいと思いました。

喜多方ラーメンの独特の縮れ麺。スープは味噌でした。

ですが、

今の幸楽苑のラーメン店には入ろうとは思いません。

安いのですが、私は、不味いと思います。

前の会津っぽの時のラーメンのほうが美味しかったと思います。

ギョーザもおいしかった。

ギョーザは、うちにまで、売りに来ていたこともあるのですよ。

ギョーザの訪問販売はもうなくなったようです。

パタッと来なくなりました。

今思うと、それは全国展開が激しくなってきたころからでしょう

 

福島県はラーメン大国。

私は白河のラーメンが好きです。白河ラーメンは醤油ベースです。

ピロピロの平打ち麺かな。

白河ラーメンは少し高いけれど、たまに食べるのであれば、

幸楽苑には行かずに私は、個人経営のお店に行っています。