みちのく通信

わたしの故郷 みちのく 東北地方の話題を地元新聞 テレビなどからピックアップします

秋田県の大館(おおだて)曲げわっぱ

秋田県というのは、秋田杉で有名です。

この秋田杉を用いた伝統工芸品の曲げわっぱ

 

 

この曲げわっぱ秋田県北部の「大館市」が有名。

大館市は、また秋田犬でも有名なところです。

 

 

堤未果さんの「日本が売られる」でも

「森が売られる」のところで、

この大館曲げわっぱのことがでてきました。

 

日本が売られる (幻冬舎新書)

日本が売られる (幻冬舎新書)

 

 

昔、秋田県内の結婚式の引き出物に、よくでていました。

お菓子の入れ物をよくいただいていました。曲げた杉木のなかに赤いうるしが塗られていて

とてもきれいでした。

高級品です。

東京銀座の有名デパートのなかにも、地方の伝統工芸ブランド品として売っています。

 

秋田は森林大国ですが、この堤さんの本にもあったように、林業従事者も高齢化などで衰退していて、秋田も例外ではありません。

2018.5月参議院本会議で「森林経営管理法」の改正が決められたそうです。

これは所有者が「切らないでくれ」といっても市町村や知事の決定があれば、所有者の意思に関係なく伐採しても良い(樹齢55年以上のものが全て伐採)と言うものだそうです。

これは低品質の木材を接着剤や薬剤で加工する巨大企業に安い木材を大量に差し出すためだと書かれてありました。

秋田県大館曲げわっぱ共同組合は、東北森林管理局米代(よねしろ)東部森林管理署に働きかけ、同市町村の国有林約20ヘクタールに「大館曲げわっぱの森」を設置しました。

「50年、100年単位で森林計画を立てているからこそまだ切らない」

と決めている森林所有者も少なくないそうです。

曲げわっぱ

杉の木の樹齢が50年以上100年単位でなければ良いものができません。

 

樹齢55年以上の木 を全て伐採するとすれば

こうした高品質木材を使った曲げわっぱはなくなるかもしれません。

日本国内では

近年災害で土砂崩れを起こしているところも頻繁にあります。

こうした短期間による木々の伐採をしてしまったために

山が本来持っている災害から民を守る機能がどんどん失われててしまったために

土砂災害を引き起こしているのだと言うことも書かれています。

今回の森林経営管理法の改正で

この文章をよく読んで見方を変えれば「市町村や知事の決定がなければ伐採できない」ということにもなります。

秋田県知事の佐竹知事(この知事のご先祖様は昔の秋田藩主)は先人たちが残したこの秋田杉の 美しい木を海外に安く差し出すのか、

それとも高級木材として秋田の工芸品大館曲げわっぱを守っていくのかよくよく考えていただきたいと思います。

この本を読むと、中央の国が決めても、日本の財産が売られるか売られないか

実際に実行するのは地方のトップの判断にかかっているということがよくわかりました。

福島県内でも先日福島県知事選挙がありましたが、投票率は散々たるもので

確か40%台位だったかと思います。

国 政府が決めたからといって諦めるのではなく

地方にいる私たちも日本のかけがえのない財産を安売りすることを阻止する!!

余地もまだまだあるのではないかと思いました。そのためには、地方自治体のトップの資質をよく見極めることが大事ですね。

地方自治体のトップの政治思想が「新自由主義」「グローバリスト」「民営化万能論者」かどうかよくよく演説を聞いてたほうがいいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「やまとのこころ」 ~会津と長州の絆の酒とのことですが・・・~

昭恵夫人、懲りなくまたこんなことをしています。

こういうことよりも、ほかにするべきことがあるだろうに・・・と思います。

 

 

 

 

記事によると、

昭恵さんが安倍首相の地元山口県下関市で開いている「昭恵農場」で酒米を育て

福島県会津若松の老舗 末廣(すえひろ)酒造で仕込み作業した 純米大吟醸酒「やまとのこころ」

の完成披露パーティーのようです。

安倍首相や会津若松市

末廣酒造の新城社長 や専務も出席したとの事

披露パーティーの場所は東京都港区の八芳園

「やまとのこころ」のいきさつですが

平成25年3月東京の食品展示会で末廣酒造の新城希子専務が昭恵さんに

東京電力福島第一原発事故風評被害を受けている会津地方の現状を語り、交流したのをきっかけに生まれたそうです。

このお酒が戊辰戦争で戦った会津と長州との心のわだかまりをほぐし、結び合う酒にしたい・・・

という関係者の思いもあるようです。

それにしてもこのお酒、値段が高すぎませんか?

 

 

 

 

720㎖入り会津木綿とセットで税込み10,800円 

300ml入りが税込  3,240円

 会津木綿は味わいがあって素敵ですが、

もともとは農作業に庶民が来ていた野良着ですよ。

お酒がついているとはいえ、それがこんな値段とは!

またお酒の量もこの量では高すぎませんか?

秋田県の高清水でもこれぐらいの量であれば1,000円~3000円前後で買えるはず。

「やまとのこころ」は昭恵さんらで作る

女性グループ「レディー サケ プロジェクト」によって作られたそうです.

もちろんこの末廣酒造の新城夫人も関わっています。

今年の2月に昭恵さん 会津酒米を仕込みに来てましたものね。

なんだか私としてはこの末廣酒造さんにもがっかりです。

末廣酒造は老舗ですが、自分たちで何とかする!という気概がみられず、

有力な政治家にすりよってその力に頼ろうとする姿勢が垣間見れます。

 

私の過去記事

 

tatukohime.hatenadiary.jp

 

 

このレディー何とかと言うグループによる酒造りは今回で最後となるようですが、活動は続けるそうです。

さて一体何の活動? 

こうして地方の有力者も取り込む活動でしょうか?

 

こういうことよりも

 

昭恵夫人にはもっとやるべきことがあります。

 

また場所は八芳園ではなく、行くべき場所は国会です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福島県立博物館~常設展~教育勅語の謄本を見て思う

2018年11月3日 文化の日らしく、文化的なことをしてみました。

秋晴れの気持ちのよいお天気のもと、

福島県会津若松市にある福島県立博物館に行ってきました。

企画展も見てきました。

文化の日ということで、常設展は無料でした。

館内は写真撮影原則禁止なので外側だけ写してきました。

 

 

常設展は、古代からはじまって、福島県内から出た土器などや石器など展示されていたり、

太平洋戦争時、一般市民から寄贈されたものなどや、

昭和の時代に至るまでのこどもの遊び道具や庶民の暮らしを垣間見れる道具なども展示されていました。

 

中でも私が目を見張ったのは、昨年からの森友学園問題で幼稚園児が暗唱していたあの

教育勅語」の謄本でした

 

福島県内の個人のかたが所有、展示のため寄贈されたようでした。

明治時代に配布されたみたいで

日本全国各学校にあったようです

謄本・・・手書きではなく、タイプライターなどで印字されていて、A5サイズくらいの冊子で

なにやらものものしいい、

シルクの巻物タイプの

掛け軸のような表装をしてありました。

説明書きには、淡々と客観的に博物館らしく、

 

当時の学校では、天皇皇后両陛下の写真やこの教育勅語を教室内に掲げ、火事などの何かあったときには、いのいちばんに持ち出し、校長がこれを守る役目を担った・・・などとかかれてありました。

 

それにしても難しい漢字ばかりです。

 

あの森友学園の幼稚園児たちよく暗唱してるなぁと思います。

兄弟仲良くとか親を大切にとか書かれているらしいですが、

ここまでは良いとして

最後の最後には何かあったとき(戦争が起きた時) 自分の身を犠牲にしても天皇陛下のために、お国のために身を捧げよ

的なことが書いてあるみたいです。

現在の天皇皇后両陛下は「自分たちのために身を捧げよ」

なんて

おっしゃってますでしょうか?天皇陛下はことあるごとに「憲法を守り…」とお話されています。

 

来年  天皇陛下は退位されますが

今の皇太子さまも自分たちのために「国民は自己犠牲して身を捧げよ 」

なんておっしゃってはいませんよね。

むしろ今の安倍政権や安倍政権を支持する人たちの方が天皇を政治的に利用しているのでは?この人たちは本当に何かあったときに

言い出しっぺらしく

率先して自分の身を犠牲にしてお国のために尽くすのでしょうか?

私にはそう思えません。

森友学園問題で籠池理事長に対して

詐欺師だとか言って

あの界隈の人たちは籠池夫妻に砂をかけましたよね。

今まで同じ穴のムジナだったのに…。。

籠池理事長夫妻も今年

拘置所から出てきた後のインタビューで、今の安倍総理に対して嘘つき!と苦言をていしていました。

また籠池理事長は出所後、180度変わったみたいで「今の天皇陛下がおっしゃる通り今の憲法を守る」と語っていたのが印象的でした。

安倍総理の言動には相当懲りたのでしょう。

恨み節満載といった感じでした。

教育勅語は1890年 明治23年10月23日に発布、

そして1948年 昭和23年6月19日に廃止されています。

教育勅語自由民権運動が再び起こらないように 学校教育の統制 の役目も果たしたらしい。(ウィキペディアで調べました)

福島県と言うのは自由民権運動が起こった発祥の地の1つ。

もちろんこの自由民権運動に関する展示もございました。

福島県会津若松には会津藩校の日新館がありました。

什の掟」と言うのがあり、今でも学校教育や地域社会で活用されています。

什の掟(じゅうのおきて)は

教育勅語とは似て非なるものだと思いますし

 わかりやすくてむしろ現代にも通用するものだと

私は思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みちのくの水道民営化は宮城県から?!

 

日本が売られる (幻冬舎新書)

日本が売られる (幻冬舎新書)

 

 

この本を今読んでおります。

私の読書ブログに感想文を書いています。

よかったらお読みくださいませ。

 

 

オウム真理教死刑囚の死刑にかまけて

ひっそりと法案が通った

水道民営化法案。

私もこの法律知りませんでした。

水道民営化 やばいですよ!

ここ東北では宮城県が2020年から始まるようです。

仙台市内の水道料金に上がらないかなぁと思っています。

なにせ水道民営化になると総括原価方式と言って

かかった費用は全て水道料金に上限なく上乗せできるようです。

地方自治体はどこも財政難で

水道運営権を売却すると

一時的に多額のお金が何億円と入ってくるので

自治体としては喉から手が出るほど欲しいのでしょう。

だけどもっと地方自治体のトップにいる人は

100年後を見据えた地方行政をしてほしい。

地方には昔から100年後を見通して考えられる政治家なり

地元の有力者がいました。

それが今では

「今だけ、金だけ、自分だけ」

そんなふうにしか考えられない自治体トップ。

そういう人たちが日本には点在しています。

(大阪市長の吉村氏もそうです。維新から出てますね。維新は自民の補完勢力と言っていいでしょう)

 

国の内側から日本を壊そうとしている風にしか私には見えません。

 

 

維新再考~記録に残らぬ苦渋も~

今年は戊辰戦争から150年ということで、

福島県内の新聞社の福島民友新聞社では 「維新再考」という特集記事を掲載しています。

これは本としてすでに刊行もされており、ただいま、好評につき増刷中だそうです。

 

この記事にも載っていたのですが、やはり、戦争となると一般人である女性に対する暴行事件が頻発したようです。

 

 

新聞掲載によれば

会津の農村では、長州藩奇兵隊士や、荷物運びのならず者達は、強盗三昧、婦女暴行をして村々を手当たり次第に荒らし回った伝えられている」

「小梅塚(子塚)とは暴行され、妊娠した女性の生んだ子供を、村人たちがひそかに埋めた後にできた土まんじゅうを指す」

「新政府軍の盗みや暴行などはについては、会津藩士、荒川類右衛門の 明治日誌 に自身の目撃談や、会津戊辰誌では、住民の目撃談が記されている。しかし、被害者自身が残した記録は見つからない」

 会津歴史研究会の会長の井上昌威(いのうえ まさたけ)氏(83歳)は、

周囲の住民は口を閉ざしたといい、自身は長い時間をかけ、どこの地域の誰の話かを決して明らかにしない約束で伝承を聞いたのだ」と説明しています。

 

また記事によれば「会津の農村には、年齢の離れた血縁のない女性同士が親子のような関係を結ぶ風習があった。親にあたる女性は、年下の女性の婿取りや嫁入りの世話をし、観音巡りをしたと言う。

こうした風土が関係するのだろう、

被害を受けた女性たちを村ぐるみで守った。

会津で盛んな観音巡りの信仰も、戦争の被害が背景にあるのではないか」

 

と先の井上会長が持論を語っておられます。

作家の星亮一さんが(この方は会津藩士の末裔)

「庶民も犠牲なった。

会津藩の軍勢も、残忍な行為に関係していなかったわけではない。

戦争はどちらの立場にとっても悲惨だ」と静かに語っておられたという。

 

 

 奇しくも今年2018年のノーベル平和賞の受賞者お二人は、

戦争で、性被害にあった女性たちに対する医療や精神面でのフォローに尽力、

性暴力根絶を訴える活動に尽力されてこられてきた方たちとのことです。

今年はツイッター上で#Me Too運動が盛んになりました。

性被害にあっている多くの女性たちがいます。

セクハラもそうですが、

今まで声をあげたくても、あげられなかった女性たち。

150年前の戊辰戦争では口を閉ざしていたけれど、

先の大戦の太平洋戦争下でも多くの女性たちが、性被害にあいました)

時代も変わり、勇気をもって告発する女性も増えてきました。

日本では、伊藤詩織さんの事件がそうですよね。

元TBSのワシントン支局長だった、山口氏に薬物をいれられ(デートドラックという)昏睡状態にさせられ、レイプされたという。

証拠もあり、山口氏は逮捕寸前だったのに、警察からの圧力がかかり、無罪放免。

聞けば山口氏は安倍総理の友人だという

(山口氏の姉上が昭恵夫人と同窓生)

安倍総理が、警察のトップに圧力をかけたのだと言われています。

 

山口氏は、昨年の森友加計問題で、テレビ朝日の、羽鳥のモーニングショーにも出ていました。

その中で、昭恵夫人のことを擁護している発言が目につきました。

今、詩織さんは、英国のBBCのインタビューにもこたえたりと、海外で勢力的に、性暴力をなくす活動をしています。

以下のは、最近の詩織さんの様子。

 

最近、LGBT(性的マイノリティの方たち)は生産性がないなどと 発言した 杉田水脈(すぎたみお)議員。

この人は、伊藤詩織さんのことをBBCのインタビューで「伊藤さんにも落ち度がある」と発言。

そして、杉田議員もセクハラについて

「そういうことは、自分自身も何度もあったけれどいちいち気にしていられないし、スルーしていくのも仕事のうち、そういうことはよくあること」

という趣旨の発言をしていました。

確かに女が男社会で働くとなると、セクハラまがいのことをされることも多々あります。

でも、嫌なものを嫌と言えない世の中にしていて

いいんでしょうか?

国民のために、世の中を良くしていくことが国会議員の仕事ではないですか?

せっかく女性たちが、勇気を振り絞ってセクハラや性被害に対して告発してきた、

それをバックアップする法整備とか、女性支援の活動をするのが国会議員であり、

まして女性の議員であれば、私は女性の人権に対してもっと敏感に活動してもらうことを期待しています。

この杉田議員は、セクハラを助長しています。

この杉田議員は、国会議員としての仕事を果たしていないと私は思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋田県羽後町西馬音内(にしもない)

秋田県羽後町西馬音内(にしもない)、ここに私は小さな頃(小学校にあがる前)

父の転勤で、約5年間住んでいました。

秋田県の県南の内陸の町です。

日本酒の「美酒爛漫」で有名な湯沢市に近いところです。

秋田県内有数の豪雪地帯。米どころです。

雪もすごかったです。

毎年8月のお盆の頃に開催される西馬音内盆踊りで有名です。

 

西馬音内盆踊りは昭和46年 秋田県無形文化財に指定されました。

私もこどものころ かがり火のまえで踊ったことがあります。

こどもは夜の8時までで、えんぴつなどの景品をもらって帰ります。

子供の頃の記憶は私はここからです。

母も体育館で習いにいったと話していました。

踊りは かなり難しいと話していました。

 

2018年8月27日月曜日、夜7時半からの「鶴瓶の家族に乾杯!」でこの羽後町が放送されました。

私は普段、テレビはあまりみないのですが、このとき、実家の母から電話がかかってきて、30分を過ぎたあたりからようやく見ました。

 

 

 

ダンサーの三浦大地さんなども出演されていました。

冒頭の30分間は見逃してしまったのですが、

母が「昔、羽後町でお世話になった人、出たよ!懐かしいねえ」といっておりました。

それは7代続いている、佐藤家が経営する、「大黒屋」

当時 雑貨や金物などを売っていたと思います。

私もうっすらと記憶があるのですが、とっても大きな家で黒い太い柱があり、

なぜかわかりませんが、両親と小さな私や姉にも御膳を用意してもてなしてくれたことがあります。

「大黒屋」さんには、私や姉と同じ年頃の子供がいてよく遊んでいました。

たくさんの従業員の方がいました。

西馬音内盆踊りは特に記憶があり、黒い彦三頭巾(ひこさずきん)の踊り手が怖かったのですが、

頭巾をあげると幼馴染のところで働いている きれいなお姉さんだったので、なんだか安心した記憶があります。

羽後町というところは、羽後牛(うごぎゅう)や西馬音内そばが有名。

五輪坂(ごりんざか)というところもあり、ここは保育園の遠足で行った記憶があります。

緑の広い芝生が印象的でした。

この町は農家が多く、農作業中、子供を預けるところが必要なため   

当時 幼稚園というのはなかったなあ・・・

当時、うちは秋田県内をぐるぐる回る転勤族のサラリーマン世帯、

また昭和の景気のいい時代と、羽後町の人々の義理堅いところもあったせいか、父の仕事の関係でお歳暮など

とってももらい物が多かったと記憶しています。

クリスマスケーキなどもたくさんいただき、冷蔵庫に入りきらず、母は置くところがないと箱ごとお風呂場においていたと記憶しています。

なので、私はサンタさんは、お風呂場から来るものだと当時思っていました。笑  

 

テレビを見ながら懐かしいなあと思ってみていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋田 金足の地が生んだ 「老農 石川理紀之助(いしかわ りきのすけ)」

今年の夏の高校野球秋田県金足農業高校の躍進 旋風はすごかったですね。

秋田出身の私はうれしくなりました。

金足農業高校秋田市の郊外にある「金足(かなあし)地区」にあります。

 

金足農業の躍進でふと、私が思い出したのが、

石川理紀之助」です。

石川理紀之助は  秋田県の明治時代の農村指導者です。

「老農」あるいは「農聖」と敬称されています。

 

グーグル検索して拝借しました

 

 

 

石川理紀之助は、秋田の小泉村(現 秋田市金足小泉)の中堅地主である、奈良家の三男として生まれました。

のちに秋田県の山田村(現 昭和町)の石川家に婿入りして石川となったようで。

グーグル検索したところ、石川理紀之助が残した言葉でいろいろ感心するものがありました。

「俺は農民だ。農民が農民を助けないで誰が助けると言うのだ」

貧しい農村の救済活動のために一生をささげた郷土の偉人です。

一時期、県庁に勤めたものの、やはり現場に戻り、農村の中にはいって、自ら模範となるべく、率先して動いた人です。

有名な言葉に「寝ていて人を起こすなかれ」

毎朝、3時に起きて、掛け板を使って村人を起こし、農事に専念させたという。

目覚まし時計などなかった時代ですので、

板をカーンカーンとならして目覚まし時計代わりにしたのでしょうね。

自分が寝ていては、村人を起こせませんからね。

また、こうした名言もあります。

「何よりも得難いのは信頼だ。信頼は包み隠さず教えあうことから生まれる。進歩とは、厚い信頼で出来た巣の中ですくすく育つのだ」

今年の夏の高校野球金足農業の躍進の陰には「秋田県プロジェクト」があったようです。

これは、「甲子園で経験したことを包み隠さず話し、ほかのチームの監督にも共有する研修会を開く」というもの。

 

 

この秋田県高校野球プロジェクトは、

石川理紀之助翁の

信頼は包み隠さず教えあうことから始まる」という言葉に何かしら通じ合うものがあるなあと

私は とっても感心いたしました。

 

その一方今の安倍政権は一体どうなのか?とふと思う。国民の政治への信頼というものがガタ落ちになっています。

少なくとも私は、今の安倍政権を信用しておりません。

パフォーマンスばかりの掛け声ばかりの政治で、地に足がついておりません。

西日本豪雨の被災地にも、安倍総理は行きましたが、被災者といっしょになって、現場で汗をかいて泥をかきだすわけでもなく、ただ回っただけという印象です。

総理三選のことしか考えていないように見えました。

 

一方の昭恵夫人は、昨年の5月に福島県に来て田植えをしました。

農業も機械化効率化が進んだとはいえ、絶えず、手をかけ、目をかけ、手間暇をかけなければ美味しい作物などつくれません。

昭恵夫人のしている「農業」は農業とは言えず、

地に足がついていない「パフォーマンス」にしか私には見えません。

普段は東京にいる昭恵夫人が田植えをした田んぼは今、一体だれが管理しているのでしょう?

 

秋田の金足の地が生んだ石川理紀之助翁のような国民想いの政治家が出てきてほしいと切に願います。