みちのく通信

わたしの故郷 みちのく 東北地方の話題を地元新聞 テレビなどからピックアップします

「おら おらで ひとり いぐも」

岩手県遠野市出身の若竹さんが芥川賞受賞!

 

 

東北を代表する、仙台市河北新報のオンラインでも!

 

著者の若竹さんは、今は首都圏に住んでいるようですが、出身は岩手県遠野市

私は行ったことがありませんが、岩手の内陸部の町のようです。

遠野物語」などでも有名なところですね。

若竹さんは年齢は63歳とのことです。

受賞作の主人公は74歳のおひとりさま女性(ご主人に先立たれたという設定)

若竹さん自身も御主人先立たれたとか・・・

私小説的な作品かとおもいます。

おら おらで ひとり いぐも」

生粋の東北人の私が訳してみますが、

「私は 私で ひとりで 生きていく・・・」

こうした意味ではないかとおもいます。

おら」は、東北では、男女関係なく、女性でも男性でも言いますね。

「おら」を使う場面では、

(主に私のふるさとの秋田での言い回しに限定しますが)

「おらだば・・・」→私だったらこう考える

「おらだば・・・」→私が住んでいるところでは・・・

「おらがだ、だば・・・・・・」→私たちの間ではこう考える 

単数形 複数形 いろいろで 応用表現もいろいろ。さらに、秋田では「」という言葉もあります。

「わ」の意味は、自分をさす言葉だったりします。

私が推察するに「わ」は「我(われ)」から来た言葉かとおもいます。

「おら」という言葉は、東北ではひろくつかわれているかと思いますが、仙台などの都市部ではあまり使われなくなってきており、主に高齢のかたが使う言葉になってきています。

東北弁とひとくくりでいうけれども、同じ東北といっても各県によっては、その東北弁の

イントネーションや言い回し、意味など微妙にちがう言葉も多くあります。

昨年の9月に仙台のストリートジャズフェスティバルに行ったときに、東北弁でJAZZを歌っている人がいました。そのときのJAZZを思い出しました。

とても味わい深い歌でした・・・

 

tatukohime.hatenadiary.jp

 

 

 

 

それにしても岩手県はすごいですね、石川啄木や、宮沢賢治などの多くの文学者を輩出されてます。

東日本大震災のあとには「震災文学」という分野も生まれたようですね。

 

 

tatukohime.hatenadiary.jp

 

 

 

今回の受賞作についてですが、

日本も高齢化社会になってきており、文学のあいだでもそうした分野の開拓が進んできて、共感をもつ人も多くなってきているのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

カヌー選手の不正

 

 

 

福島県二本松市に在住とのことで、こちらでも割と大きく取り上げられていました。

鈴木選手本人は、千葉県の出身ですが、

奥さんは二本松の人だったようで、奥さんの実家から全面的にバックアップを受けていたような感じですね。

1月11日のお昼のフジテレビ「バイキング」でもこの話題が取り上げられており、奥さんのほうが選手としては、世界的な大会で入賞を果たしていたりと、鈴木選手自身に

焦りもあったように報じられていました。

もちろん、若手選手の台頭にも焦りがあったようです。

よくある話ですが、

奥さんのほうが収入が高かったり、

奥さんの実家のほうが力が強くて

金持ちだったりすると、気に食わない男の人もいるようです。

今回の不正で、奥さんのお父さんが(会社を経営されていたようですね)

マスコミのインタビューに答えていたのを見たときに、いろんなことを私は想像してみました。

鈴木選手が家庭内で奥さんの実家のほうに頭が上がらない現在の自分の姿、それでいて若い時から、敵なしで、スポーツエリートで多くの大会で優勝、でも近年では、若手の台頭で勝てない焦り・・そんなことが積み重なっていったのではないでしょうかね。

私の勝手な想像ですが。

 

鈴木選手は、福島県の体育協会にも所属しているらしく、遠征費や交通費として24万円支給されています。県はそれを返還してもらうといっています。

福島県・・・ということは我々の税金でもあるわけだから、こんな不正を働く選手に、使わせるわけにはいきません!!

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

震災の恩返し

横浜で「はれのひ」という業者の詐欺被害にあった新成人のニュースがありました。はれのひ・・・という会社名にも腹が立つ!

 

 

その詐欺にあってしまった、

晴れ着を着れない新成人50人に、無償で着付けなどをおこなった、福島県いわき市の業者のニュースがありました。

 

 

いわき市の「ふりそでシミズ」という会社ですが、新横浜にもお店も出していたのですね。

そこのスタッフさんたちや さらに10人応援を頼んで、無償で着付けをしたそうです。

横浜市という人口の多いところになると、数社の着物業者などがホテルなどの会場を借り切って、新成人の着付けやメイクを行うのですね。

今はどこでも、みんなそうなのかな。

私は事情があって、成人式には出なかったけれど、当時、秋田では近所の美容院で着付けやメイクをしてもらう人も多かったと思います。

ホテルなどの会場を借り切って・・・というのはなかったかなあと記憶しております。

新聞記事をみるといわきの「ふりそでシミズ」の社長さんは、直前になって「はれのひ」の不穏な動きを察知していたようです。

ホテル側に会場費を支払えないという情報や、はれのひが前日になっても、レンタルの振袖を会場に運んでこないのをみて、不審に思ったそうです。

ふりそでシミズさんをはじめ、ほかの業者は準備万端に整っているというのに....

 

それも式典前日の7日の夜に、もしや・・・明日はこのままでいくとパニックになるのでは・・・と清水社長が察知し、急遽、着付けスタッフを集めたようでした。無事に振袖を着ることが出来た新成人やご家族からは大変に感謝されたと記事には載っていました。

そして、清水社長は「震災時の恩返し」という思いから・・・着付けの代役を引き受けたようです。それも無償で!!

ご存じ、いわき市というところは福島県の沿岸部で東日本大震災のときは、大変な津波被害を受けたところです。

真摯に、誠実にお客様に対して責任感とまごころをもって仕事にあたっている業者さんもあるというのに・・・

はれのひ」の仕事に対する姿勢、お客様に対する姿勢には本当に腹が立ちます。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

酪王 カフェオレアイス

酪王のカフェオレ牛乳でおなじみのところからカップアイスがでました。

(カフェオレとおしゃれな名前つけられていますが 味は昔のコーヒー牛乳です。懐かしい感じのする味です)

 

先日、地元のスーパーのヨークベニマルにて購入してきました。

 

 

120mlで税込300円でした。

味は「普通に美味しい」という印象でした。

他社製品とくらべると、やはり私としては、ゴディバアイスやハーゲンダッツのほうがコクがあり、美味しいと思いました。

ゴディバは別格として、値段をハーゲンダッツと比較すると

ハーゲンダッツの似たような味のは110mlで税込み220円~230円ほどだったかと。

1ml換算では税込みで、酪王カフェオレアイスは2.5円ほど、ハーゲンダッツのは2.1円ほど 

酪王カフェオレアイスは全国的なブランド力がない割には高いと思う・・・・

 

 

 

 

 

酪王乳業はいろんな商品を出しています。

イチゴ味とか牛乳のとか。これは税込330円くらいらしい。(高い・・・)

 

酪王乳業のカフェオレは最近ではいろいろとコラボ商品を出しています。

 

代表的なところでは、柏屋(かしわや)薄皮饅頭でおなじみの柏屋とカフェオレ味のロールケーキを出しているようです。

まだ、私は食べたことがありません。

 

酪王乳業のアイスですが、全国的なブランド力がない割には、私としてはお高いなあという価格帯だと思いました。味も、リピートするかどうか・・・?といった普通に美味しい味でした。

酪王乳業のカフェオレは地元愛で支えられていることもあり、郡山市民は、ここのカフェオレが好きな人も多いでしょう。

 

牛乳がもともと体質的に合わない私は、好んで酪王乳業のカフェオレは買ったりしていません

(ブログネタのために体を張って買うこともありますが)アイスは食べれます。

次に酪王乳業のカフェオレアイスを買うかとなると、買わないかな、私は。

次のアイスはやっぱり、他社製品購入するかなあと思いました。

暖かいお部屋で冷たいアイス・・・贅沢な冬の楽しみです・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京

お正月は東京に行ってきました。

明治神宮に参拝したり、デパートの初売りにも行ってきました。

 

 

 

 

 

相変わらず、東京は人が多いですね。

もともと人口が多いところではありますが、近年は外国人旅行者が増えたと感じます。

私は年に1回か2回は東京へは行くのですが、地方の田舎から出てきた私が感じた、東京のこと。いろいろあります。

 

それは、「田舎の人のあいだでは、なあなあでなんとなく解決して済ませられることも

東京の人は厳しくそうはいかない」ということ

ここでは書けませんが、今回、東京観光していて、そう私が体験した出来事もありました。

この太字の文章は、林真理子先生の短編小説に出てきた文章で、本の題名は忘れてしまいましたが、その文章はずっと私の記憶に残っていて、東京旅行するたびにそう感じてきました。。

林真理子先生は今年の大河ドラマ「西郷どん」の原作者ですね。

林先生も、山梨県の地方出身者。

先生のインタビュー記事で、「私はエッセイよりも小説のほうに本音を書いている」と語られていました

先生の小説では、東京で暮らす地方出身者の主人公がよく出てきました。

おそらく林先生自身が体験したことなのでしょう。

地方出身者から東京を見る視点がよく描かれています。

東京では何事につけ、競争が厳しい面も多いかと思います。人

も多く、パッパと物事を決めないとすぐ追い越されてしまうような雰囲気。

都会の人は歩くのも、話すのも早いですね。

 

都会で暮らしていくには、人間も猫も大変かとおもいました。

夜廻り猫の第2巻と3巻をオアゾ丸善にて買ってきました。

こちらも都会で暮らす、地方出身者の日常が出てきます。

#夜回り猫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

今年もいろいろあったなあ。

もう、今年もあとわずか。

今年もいろいろあったなあ。

今年の目標は「健やかに」ということで、心身ともに健康であることを目標にしてきました。

特に、朝起きる時に憂鬱な気持ちになりがちな私で、朝清々しく起きることが出来るようになりたいと思ってきました。

もちろん、今まで寝過ごして職場へ、大幅な遅刻などはしたことなどありません。

なんとも言い難いのですが、朝の憂鬱な気分・・・・これを払しょくしたいと思って過ごしてきましたが、

なかなかできず、今年の10月くらいからは少し軽やかに起きることが出来てきたような気がします。

年々、体力も衰え、週の後半になると疲れを覚えるようになり、土日は休みなのですが、いずれかの半日は、ぐったりと、寝ていることも多かった。

もっとアクティブになりたい、休みの日をもっと充実させたいと思うようになりました。これからの私の目標は休日を充実させて過ごすことです。

でもその基本は健康であり、体力があることなのだともあらためて思います。

年々、仕事がなんだか忙しくなってくる感じがしています。

以前、サブブログに「やる事を減らす」ということを書きました。

 

このはてなブログですが、このはてなのコメント欄の返信が、私にとっては書きづらく、コメント欄は閉じさせていただきました。

コメント欄閉じることも私の「やる事を減らす」ことの一環です。

コメントなどはツイッターのほうに集約させることにしました。

コメントくださった方々どうもありがとうございました。

感想などはツイッターのほうにどうぞ。

「読んだよ」っていう感じでスターを押してくださるとうれしいです。

 

そして、ブログやツイッターの私のスタンスですが

 

私は自分の考えをまとめて、整理し、職場などでもはっきりと周りの人に自分の考えを伝えたい、そのための訓練の場として、ブログを書くということをしています。

ツイッターは情報集めです。

こういった自分の軸がようやく出来てきた年でもあったかな。

来年もこの調子でブログを書き、

健やかな毎日を過ごしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

夜廻り猫

ついに買いました。第一巻。

 

 

この作者さんが、地元の新聞の福島民友新聞に載っていたので、この漫画を知るきっかけになりました。

以前、私もブログにて書きました。

 

 

tatukohime.hatenadiary.jp

 

ケチな私は、ツイッターでただで見れるから、本は買わないかな・・・と思っていましたが、つい、深谷さんのツイッターファンの人の後押しもあり・・・

感想を見て、買ってしまいました。

以前はこんなケチなツイートをしてしまった。

 

 

絵もかわいかったですね。

漫画の内容は、ダダで見れるツイッターのとほぼ同じですが、最後に載っていた漫画は本のみの漫画で、ツイッターでは公開されていないようです。

この最後の漫画が泣けてきました。

 

深谷先生はツイッターもやってて、

私も返信したり引用リツイートしたりしています。

 

 

 

 私は、猫はあまり好きではありません。

私は毛のアレルギーがあるようです。

でも、漫画の猫ちゃんはかわいいと思ってみています。

これからますます、寒さが厳しくなる季節。

福島県の人かと思われる人物もでてきます。

方言が身に沁みます。心温まる漫画だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする