みちのく通信

わたしの故郷 みちのく 東北地方の話題を地元新聞 テレビなどからピックアップします

高齢者の運転免許返納の記事

 

今朝 8月22日 福島民友新聞

高齢者の免許証の自主返納が増えてきているという記事。

地方では、車はかかせない「足」

なかなか手放せない人も多いです。

 

 

f:id:tatukohime:20170822172922j:image

 

この記事によると、私が住む郡山市でも今月の8月から、

75歳以上の方で運転免許証を自主返納した人には、

5,000円分のバス、タクシー利用券が交付されるという。

地方では自主返納を促すためにも、

こうした、「足」確保の支援が急務です。

 

私の秋田市に住む実父も80歳を超え、ついに免許証を自主返納しました。

運転免許証を返納してしまうと、自分を証明する、「身分証明書」がなくなるのが嫌だという人もいるのですが、

免許証を返納すると、ちゃんと、身分証明書として別な証明書が交付されるから

そこのところは安心です。(父に見せてもらいました)

買い物は、生協のバスを利用したり、(近くの公民館まで来てくれるそうです)

あとは生協の宅配で注文したりして、食品、日用品などの生活に必要なものは確保できているようです。

私の実家のあるところは、秋田駅前まで割と近く、バスで10分から15分くらいです。

秋田のイオンなどは、週末、無料の買い物バスが秋田駅からイオンまで往復で出ていたりすることがあるそうです。

そしてやはり、市から買い物バス券が交付されることもありがたいと話していました。

昨今のニュースで、高齢者の車の事故が増えているにつれ、ついに実父も決断をしたようです。

娘の私としてはほっとしています。

特に秋田では冬道は雪が降って凍るので大変危険です。

ここ郡山でも冬は雪が降りますが、秋田ほど降りません。

でも、寒い日は道が凍って、「ブラックアイス」状態になることが多く

郡山でも冬場の朝晩は運転に注意が必要です。

東北の太平洋側は冬でもあまり雪が降らず晴れていることが多いです。

 

このメインブログには、東北の話題を主に書いているのですが、

サブブログ「これからの暮らしを考える」

http://tatukohime-life.hatenadiary.com

には、年金や介護、健康保険のことなど書いています。

このテーマは私が今、興味を持っている分野で、これからいろいろ情報を集めて勉強していきたいと思っている分野です。

私も両親も年を取ってきましたので、意識せざるを得なくなってまいりました。

ご興味のある方は、遊びにきてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宮城県の壇蜜さん出演のPR動画 8/26で終了です

わたしも以前 書きましたが

 

壇蜜さん出演の宮城県のPR動画  

 

批判もあって8/26で終了です。

 

性的な表現云々もありますが

なんかセンスのない動画で

公金かけてまで作成する動画かなあという指摘

もっともだと思いました。

 

 

宮城県も相変わらず  ヤマセで寒いようですが

 

今週後半から日のさすお天気のようです。

 

ここ福島県もね。

今日も日が差してきました。

 

農産物が心配なニュースも

飛び交うようになってきました

 

福島に乾杯!

 

キリンの仙台工場でできたビール。昨日買ってきました。

 

たしか、昨年の福島県向けのパッケージのビールがあったかと。

福島県内の塩辛いお料理に合うように、味をアレンジしたという。

私は昨年も飲んでみましたが、辛口・・・といった印象でした。

裏には、猪苗代湖と白鳥のイラストが載っていました。

猪苗代湖の白鳥はだいたい11月か12月くらいに飛来するかと思います。

磐越自動車道猪苗代湖方面に走っていた時、空に白鳥の群れが飛んでいたことを思い出します。

晩秋になってくると、郡山のうちの自宅の上空にも白鳥の飛来をみます。

猪苗代湖方面に行くのかなあと思ってその時眺めたのを思い出します。

 

f:id:tatukohime:20170819175824j:image

 

ビールのシーズンもそろそろ終わり・・・

スーパーの店頭には、プレミアムビールとか秋向けのビールが並び始めました。

アサヒビールの青いラベルの エクストラハード という

ビリビリっと辛口のビールはもうなかったなあ。

暑い時期限定の商品だったのでしょうね。

 

 

平成27年8月8日の福島民友新聞の記事

DASH村が縁のようです。

TOKIOの松岡さんが福島県の農産物の応援に。

それにしても松岡さんのおばあちゃんは南相馬市の出身なのですね。

TOKIOのメンバーは、ギャラももらわずに、福島県の農産物のCMに出演。

このとき、近所のスーパーの野菜果物売り場でもTOKIOののぼり旗がありました。

TOKIOのメンバーのフレッシュなイメージと福島県の農産物が重なりました。

福島県の農産物のテレビコマーシャルでもTOKIOのメンバーがいまでも時々、出ていますね。

f:id:tatukohime:20170819175939j:image

 

 

わたしのサブブログのご紹介

はてなブログはいいですね

 

アカウントひとつで3つまでブログが作れるの!!

 

「たつこ姫の「book  cafe」」

http://bookcafe-tatukohime.hatenadiary.com

 

 

わたしの趣味の読書ブログです

読んだ本の感想など書いています

 

 

「これからの暮らしを考える」

http://tatukohime-life.hatenadiary.com

 

 

最近  はじめました

歳がバレますが  気づいたらわたしもアラフィフ?!

 

読書ブログと内容がダブルかもしれないけど

これからの暮らし方を考えるようになりました。

シニア世代向けの記事を書いていきたいと思います。

 

どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 

肌寒いお盆でした

f:id:tatukohime:20170816194436j:image   f:id:tatukohime:20170816194329j:image

 

福島県内のお盆の時の週間天気予報

 

福島県浜通り  中通り  会津地方

と天気予報があります。

 

同じ県内だけど

気候も随分違うと思います

 

 東京オリンピック誘致に 成功し

安倍総理放射性物質は港湾内で

「アンダーコントロール」されていると

言った後から

 

天気予報の後に報道されるようになったと記憶する  港湾内の放射線検出値結果

 

出てないようです。

 

毎日NHKの夕方のニュース  天気予報のあとで出てきます。

 

  f:id:tatukohime:20170816194510j:image

 

雨で肌寒い日が続き

農家は心配しています。

 

これからお米の収穫に左右される時期

 

トマトやピーマンも 雨で生育が悪いという

ニュースが昨日ありました。

 

 

お盆の郷土料理 「切り昆布と麩の煮物」

南東北(宮城 山形 福島)では

 麩 は郷土料理の材料ではメジャーな存在かと……。

 

こちらのスーパーでも良く売られている仙台麩  

二本入りですが一本使いました

 

f:id:tatukohime:20170814194000j:image

 お盆の時期になると この仙台麩と切り昆布がセットで地元のスーパーでは

目立つ場所に置かれています。

 

姑もよくお盆の時期には切り昆布と麩の煮物を作っていたので

郡山でのお盆の郷土料理とわたしは認識しております。

 

わたしはお盆の時期

姑の作っていたものを見よう見まねで作っています

切り昆布と麩の煮物

 

f:id:tatukohime:20170814194347j:image        f:id:tatukohime:20170814194425j:image   

 

 味付けは  干し椎茸のだし  醤油  

細かいとこは麺つゆで手抜きしてます。

今回は入れなかったけれど

これに油揚げも入れるといいですね。

 

麩は肉じゃがにいれるとコクがでて美味いです。

 

 

この仙台麩は東北自動車道のサービスエリアにも売ってて

 

仙台麩を使った料理の実演販売をしているのをみたことがありました。

 

麺つゆに この仙台麩を切りいれるだけというおつゆ。

 

簡単で美味しかったです。

 

 

なお 麩の材料は小麦粉  グルテンなので

 

グルテンフリーとかいう今流行りの食事を愛用している人はダメですね

 

 

わたしは糖質とかグルテンフリーとかなんとかいうようなものには無頓着な田舎の人間なので

なんでもこだわらず食べます。

 

季節のもの  旬のもの

亡くなった人がよく作ってくれた料理

 

美味しくいただいています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福島の桃 「 あかつき」ほか

f:id:tatukohime:20170812194643j:image

 

福島県は桃の産地

これは先日、スーパーで買ってきたもの。

このクラスの値段の桃だと、少し硬いので、2.3日おいてから食べるのがいいかも。

普段、食べるのはこれくらいの値段じゃないと うちの家計が・・・

 

もう少し高いので、2個で700円くらいするのもありますが

こちらはさすがにやわらかくすぐに 食べられます。

あかつきは福島県の桃の主力品種で、お盆前が最盛期だそう・・・

福島といえば、桃の産地ですが、

福島県の北部の福島市飯坂町あたりや、伊達市あたりが

「桃どころ」でしょう。

 

お盆がすぎると、また違う品種の桃がスーパーに並びます。

 

桃農家も原発事故以後、桃が売れなくて大変だというニュースや

冬の間から、桃の木の表皮を剥がしてセシウムが移行するのを防いだり

土壌改良など大変な努力をしていることを

地元のニュースでは頻繁に目にしていました。

放射能検査もしっかりしていて、

放射能などは検知されたかったようですし、

私も、原発事故以後でも、福島県のコメや野菜は食べていますが、

別に体調が悪くなったとかそういうのもありません。

単に年だから・・・影響がないといえばそれまでですが。

 

小さなお子様のいるご家庭のお母さまたちは、心配して

福島県内に住んでいても福島県産の農産物は子供に食べさせていないと

いうニュースも原発事故直後では聞かれました。

 

でも今では、スーパーに買い物に来ている小さなお子様を抱えたお母さんたちも

福島県産の農産物を手に取って、かごに入れて買っていますね。

 

福島県産の農産物を買う、買わないもその人の自由・・だと私は思っています。

その人なりの考えもあると思うので。

 

 

ただ、これは農産物ではないけれど、原発事故がおこってからですが、

福島の銘菓が、包み紙ごと、高速道路のトイレのごみ箱に捨てられていたのを

見て悲しくなったという、地元紙の読者の声に

私も本当にそれは悲しくなりました。

 

以前、私は別のブログサービスでブログを書いていました。

この福島原発事故に関しては、

いろいろ賛否 例えば、福島県の農産物を食べる 食べない

福島県内に住み続ける、引っ越すなどで、

私もちょっといろいろ嫌な思い出があります。

詳しくは言えませんが。

 

今は、「私はこうしているけど、あなたはそうなのね」

といった吉沢久子先生のようなスタンスでいます。