みちのく通信

わたしの故郷 みちのく 東北地方の話題を地元新聞 テレビなどからピックアップします

カモシカ

下の野生のカモシカの写真は、昨年11月に秋田市の私の実家に帰省したときのもの。

朝みかけました。

うちの両親は「また来たの?」と慣れた様子でした。

私の実家の隣は、昔は森林でしたが、伐採され空き地になりました。

(カモシカさん、うちで飼っているわけじゃないよ) うちの実家は秋田市郊外にありますが、秋田駅前から車やバスで10分くらいにある高台の住宅地です。

さほど田舎とは思わないけれど、山の住宅地の開発がすすんだために、こうして野生のカモシカが出没するようになったのですね。

 

 

f:id:tatukohime:20170917174624j:image

 

 

f:id:tatukohime:20170917174710j:image

 

 カモシカは近眼とのこと。

じーーーとこちらをみています。

綺麗な細い足の事をよく「カモシカのような足 」…と言いますが意外と太いと思います。

どうでしょうか?

 

カモシカのような足」と言うのは メリハリがきいたセクシー&ナイスバディの外国人女性の足をわたしは想像しました。

 

カモシカさんの足って

お尻から太ももはむっちり太めだけど、ひざ下からくるぶし辺りまでは細いなあと見てて思いましたけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

秋田の郷土食 「だまこ鍋」

秋田県といえば、きりたんぽ鍋が有名ですが、(きりたんぽ鍋は、県北の大館市(おおだてし)が本場です)

 

私の実家のある秋田市近郊は、この「だまこ鍋」です。

だまこもちとも言います

昨年、11月に帰省した際に、秋田県五城目町(ごじょうのめまち)の道の駅で食べました。

 

f:id:tatukohime:20170917174504j:image

 

これから収穫を迎え、季節の野菜、きのこなどが出まわる、11月頃からがおいしいのではと思います。

写真の真ん中あたりに白い丸いのがあると思いますが、これがいわゆる「だまこ」です。

 

だまこ・・・というのは、あきた米を軽くすりつぶして、まるくまるめたもの。

きりたんぽは串にとおして囲炉裏で焼きます。最近は きりたんぽも だまこ も スーパーでパックで売ってあります。

 

だまこ鍋醤油ベースの比内鶏のだしがきいておいしかったです。きりたんぽ鍋も基本は同じ味付けのスープです。

 

 

秋田の方言は、最後に「こ」をつけたりします。

たとえば「雪っこ」「フナっこ」「どじょっこ」

 

ちなみに 福島 山形 宮城では「芋煮会」といいますが、

 

秋田ではこういう鍋を野外で囲む行事については、「鍋っこ」といいます。

 

青森県ではこういう風習はないとききましたが、今は、どうなんでしょう。岩手もあまりきいたことがありません。

 

だまこの由来は私が推測するに、丸めたものを 

玉(だま)というのですが、これに「こ」をつけたものだと思います。

白いお米のだまこは、いわば餅みたいな感じで、汁は濃い味付けにしたほうが、

だまこに染みておいしいと思います。私はね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レストラン 画廊

郡山市内のレストラン「画廊」

富久山町(ふくやままち)国道4号線沿い にあります。

古くからあるレストランで、私もよく行きます。

 

 

 f:id:tatukohime:20170917153029j:image

 

店内はこんな感じ。

 

f:id:tatukohime:20170917153057j:image

 

 

私が頼んだのは、若鶏のクリーム煮

カップスープとサラダ、デザートのアイス、ホットコーヒーなどの飲み物がついて

1,200円+税でした。

このほかにもこうしたセットは1,000円くらいからあります。

カップスープはコンソメ+トマト味 サラダはシャキシャキしていて、ドレッシングが絶妙です。

 

 

 

f:id:tatukohime:20170917153325j:image

 メインの若鶏のクリーム煮

ホワイトクリームを想像していましたが、少し茶色がかったクリームでした。

とても若鶏がやわらかく、クリームもおいしかったです。

もちろんごはんも付きます。

 

f:id:tatukohime:20170917153218j:image

 

 デザートのバニラアイス、上に載っているのはチョコレートで、これがまた絶妙です。

 

 

f:id:tatukohime:20170917153350j:image

 

コーヒーです。これはまあ、普通かな。

 

f:id:tatukohime:20170917153155j:image

 

 

郡山市内でも、指折りの洋食レストランといってもいいでしょう。

古くからあるので、年配のなじみの常連さんも多い印象です。

ご夫婦二人でやっているみたいで、混んでいるときは出てくるのが遅い・・・と思いますが、とても美味しいです。

私も何度も足を運んでいます。

お値段もセットでそれもコーヒーやデザートがついて1,000+税からというのも良心的な値段だと思います。

 

ファミレスあたりでも、結構1,000円以上になるし、かえってファミレスのほうが高くつくと思ったこともあります。最近はファミレスに行かないので、以前、行ったときにそう思いました。

 

 

ここの「レストラン 画廊」は、

古いのでお店の外観やお庭のお手入れが行き届いていない感はありますけれど、味は確かです。おいしいです。

 

ちなみに、店内に芸能人の船越英一郎さんと一緒にここのお店の人が並んで映っている写真がありました。多分  最近のものと思われます。

 

船越さんもここに来たのね・・・

奥様の松居一代さんは写ってませんでしたけど。

あの離婚騒動の最中?だったのかしらね?

 

 

 

 

 

 

 

 

郡山は民間の病院が多い

地元再発見してみると、郡山市内は民間の病院が非常に多いことがわかりました。

私は、今、医療のことに関心を持っているから気づいたことかもしれません。

きっかけは、夫の母親の介護をした経験から。

約10年しました。

もう亡くなりましたが。

 

医療はだれでもが、自分や家族がいつかお世話になるときがくるので

医療保険制度のしくみについては知っておいたほうがいいと思います。

 

郡山市内は民間のおおきな病院が五つくらいはあります。

寿泉堂(じゅせんどう)病院、太田西ノ内病院、星病院 坪井病院、土屋病院 南東北病院、今泉西病院などなど・・・

 

私の実家のある秋田市は秋田赤十字病院や秋田大学医学部付属病院などがあり大きな病院というのは公的な機関でやっている病院が多いです。

 

だから郡山に来たときは、やたらと歯科医院と大きな病院それも民間の病院が多いと思いました。

 

歯科医院が多いのはたぶん、奥羽大学歯学部があるからかもしれません。

民間の病院はともかく、公的な医療機関は赤字垂れ流しという本を読みました。

改革が必要だという趣旨の本です。

現役のお医者さんが書いています。

 

これです。

 

 

 

「病院」がトヨタを超える日 医療は日本を救う輸出産業になる! (講談社プラスアルファ新書)

 

 

読書の秋ということで、

私のサブブログ「たつこ姫の book Café 」

に私に感想を載せてあります。

http://bookcafe-tatukohime.hatenadiary.com/

 

また、私が関心を寄せている、医療制度のことについても

もうひとつの私のサブブログ「これからの暮らしを考え

る」にいろいろ書いています。

http://tatukohime-life.hatenadiary.com/

 

 

ご興味のあるかたは御覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

なかやパンのクリームボックス

 

ヨークベニマル郡山市内のスーパー、本社は郡山市内にあります)

で買った なかやパンのクリームボックス

プレーンタイプで1個税込、118円。

 

私が郡山に来た二十数年前に

はじめて郡山のクリームボックスを食べたのがこの  なかやパンさんのです。以下に写真があります。

 

このお値段ですと

やはり、パンの耳が固いです。

30円の差は大きい…。。

 

ヨークベニマルで売っているのは衛生上からか配送の関係からか、一個一個、包装フィルムにはいっていますね。

なかやパンの店頭では、トングでとるタイプだったかと思います。

 

 

f:id:tatukohime:20170916173000j:image

 

こうして、郡山市内のパン屋さんのクリームボックスを食べ比べてみて、感想をブログに書くのも地元再発見といった感じで面白いです。

私は今のところ、少し高いけれど、やはりポンパドウルのクリームボックスがいちばんおいしいと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

酪王カフェオレとポンパドウルのクリームボックス

 

次の写真は、郡山駅構内のパン屋さん「ポンパドウル」のクリームボックス。

プレーンタイプ。

価格は税込で1個140円。

やはりロミオさんよりも30円ほど高いだけあって、

パンの耳が非常に柔らかいところがよく 美味しかったです。

そしてクリームもなめらかでした。

ポンパドウルJR東日本系列なのかな?

埼玉県の新越谷駅に行った時も

このパン屋さんをみつけました。

ポンパドウルは根っからの地元のお店ではないようですが、クリームボックスを地元民に向けて作った感があります。うーん さすが舌の肥えた首都圏住民を相手にしているだけあって 地元パン屋よりも美味しいです

少し高いけれど …。。見た目は同じですが

さすがに味は洗練されています

 

 

 

f:id:tatukohime:20170915175540j:image

 

 

次の写真の右上の飲み物は郡山市民のソウルドリンクといってもいい、

酪王乳業のカフェオレです。

私は、牛乳を飲むと腹を下すタイプですが、カフェオレなどコーヒーが入っているのは

大丈夫でした。最近はこの酪王カフェオレとコラボした商品が目につきます。これについてはまた、取材を続けます。

 

味は昔のコーヒー牛乳といってもいいですね、ほのかにコーヒーの香りがしますが全体的に甘めです。

いい大人の私としてはコーヒーの割合がもう少し効いていたら・・と思います。

 

私はAGFのスティックタイプの「大人のほろにが」のカフェオレのほうが好きです。

 

 

f:id:tatukohime:20170915175516j:image

 

 AGFの大人のほろにがカフェオレ。

涼しくなり、ようやくお店にも暖かい系の飲み物が目立つようになりました。

f:id:tatukohime:20170916173010j:plain

 

 

 

    

 

 

クリームボックス アーモンド入り

前回で仙台関連記事は終了

 

また仙台関連記事は書きます。

 ホームにもどって・・・

 

さて前回はプレーンタイプの郡山のパン屋さん

「ロミオ」

のクリームボックスを紹介しましたが

次の写真がアーモンド入りのものです

 

f:id:tatukohime:20170912123526j:image

 

 税込で130円ほどです。

やはりパンの耳が固いと思います。

なめらかのクリームのなかに不意打ちを食らうがごとく、

突如、硬いアーモンドが舌や歯にくるので

差し歯など歯に難のある人は注意したほうがよさそうです。