みちのく通信

わたしの故郷 みちのく 東北地方の話題を地元新聞 テレビなどからピックアップします

平成の水戸黄門 渡部恒三 (元 衆議院議員) ⓵

渡部恒三氏は、福島県会津地方出身の元政治家だった人で

す。

福島県南会津町出身)

あの、前原さんに 会津の民芸品  起き上がり小法師 を渡した人といえば思い出す人も多いかと思います。

 

最近、渡部先生の会津若松市のご自宅に民主党代表就任にあたって、前原氏があいさつに来ました。

あの 起き上がり小法師 を再び渡したというニュースをみました。

 

平成の黄門・渡部恒三氏に聞く(1)73歳で国対委員長に | 河北新報オンラインニュース / ONLINE NEWS https://t.co/H8AUBz1uk8

 

 

今回は起き上がったようです。(前回は起き上がらなかったですけれど。)

起き上がらない 起き上がり小法師ってめったにないものだけれど。

渡部先生本人は、なんら意図したものではなく、まったくの偶然と語っていました。

でも、会津の民芸品が全国に知れ渡って、地元からは感謝されたとも。

 

河北新報仙台市にある新聞社)のツイッターオンラインで渡部恒三先生にインタビューする記事が10回にわたってありました。私が興味を引いたところを数回にわけてピックアップしてみます。

 

 

 

郡山 「ブラックラーメン」

ネット上ではこう呼ばれているようです。

 

ラーメンのスープが黒いんですよ

 

その「元祖」と言われているのが

ますや」さんへ 行って参りました。

  (平成29年9月30日撮影)

 

f:id:tatukohime:20171001101122j:image

 

f:id:tatukohime:20171001101137j:image

 

 

濃い色の割には  しょっぱくないです。

 

麺も数種類から選べます。

 

縮れ麺  細麺  中麺など

 

わたしは中麺にしました

 

チャーシューも選べます  

バラ肉だけとかもも肉だけとか  

ミックスもあります

わたしは もも と 豚バラ のミックスにしました

 

お値段はわたしが食べた定番の醤油系のは

税込730円でした

 

ますやさんというと 名店で

昔は郡山商工会議所会館近くにあり 

そこがなくなってどこに言ったんだろうか?と思っていたのですが、

 

近年 あちこちに「ますや」さんの看板を掲げたお店が出てきたので 何だろう??

と思っていたのです。

 

のれん分けでもしたのかな?

 

ますやさんは郡山のラーメンの名店のうちの1つですね。

 

とても美味しかったです。

さすがに店内は混んでいました

 

芸能人の方の色紙がたくさんあります。

グッチ裕三さんとかね〜〜

 

 

 

 

 

思い出のB1グランプリ

 

郡山でB-1グランプリをやった時の、公式ガイドブックです。

 

 

f:id:tatukohime:20171007110025j:image

 

 郡山市奈良県大和郡山市とは姉妹都市のようです。郡山という共通の名前のことや、奈良時代采女伝説などでもつながりがあるようです。

 

毎年8月には「うねめ祭り」が開催されるのですが、その時に奈良県観光大使の方たちもお見えになるようです。

 

思い出のB-1グランプリですが、その時は震災から3年目くらいでした。

浪江町(なみえまち)のなみえ焼そばも出店していました。

なみえ焼きそばは、前回優勝していたので、殿堂入りということで投票の対象ではなかったのですが、長蛇の列でした。

 

私が印象的だったのは、テレビニュースでみたのですが、

郡山の隣の町である須賀川市(すかがわし)の仮設住宅で暮らしているおばあちゃんたちも、このイベントに遊びにきていてインタビューを受けていました。

 

おばあちゃんたちは浪江焼きそばを食べながら、

ああ、懐かしい味だ、いつも食べていた味だ。ああ、浪江に帰りたいなあ」とつぶやいていたことです

 

浪江やきそばは、焼きそばというよりも太いうどんみたいな感じでラードでいためてありボリュームがあります。(私は後日、日清の浪江やきそばを食べました。そのときの印象で説明しています)

 

一味唐辛子をかけていただくのですが、それがとても絶妙な感じがあります。ボリューム感があることから、もともと、肉体労働者の食事だったようです

 

食事というのは、本当に大事で、その時々で、その人自身の思い出がよみがえります

 

福島県内の仮設住宅に入居している人たちもだいぶ減って、皆さん、徐々に新しい住宅に移っているようです。

 

浪江町は全町避難でしたけれど、今年避難解除にもなり、戻って生活している人もいるようですが、なかなか以前のような町になるのは難しいというニュースはたびたび耳にします。

 

 

 

 

 

 

 

青森県十和田のバラ焼き その舞台裏

郡山でB-1グランプリをやったときの優勝チームが青森県十和田のバラ焼き 実は、舞台裏といってはなんですが、これについても思い出があります。

 

私の職場でもこのイベントに携わりました。

私はしていませんが、会社の数名の人が後片付けなどのお手伝いし、私にその様子を話してくれました。

このバラ焼きチームなんですが、優勝してあまりにもうれしかったようで、そのまま、材料の牛肉や、切ってあった玉ねぎなどの材料を会場に置いて行ってしまったそうなんです。

バラ焼きチームに連絡したところ、

「今更戻ってもしょうがないので、そちらで材料は使ってください、あげます」

といわれたそうです。

切った玉ねぎというのはすぐに傷みやすいので、玉ねぎは郡山のうちの職場の人含めて現場の会社数名で分けて、牛肉は、県外の人に渡したそうです。

特に若い人が多い関係者のところにわけたところ、とてもよろこんでいました。真夏ではないので、クールボックスにいれても県外でも次の日食べられますものね。

 

そんなことを話していました。こういうイベントというのは準備も大変だけれど、こうしたうれしいこともあるのですね。

バラ焼きチームも、短時間に大量に調理して提供するために、こうして玉ねぎを切ったりと下準備も大変だっただろうと思います。

 

 

 

 

 

 

青森県十和田 の バラ焼き

青森県の十和田のバラ焼きは

第9回 B-1グランプリで優勝しました。

このときは郡山市の開成山公園でやったのです。

私も行きました。その時のチラシです

 

 

f:id:tatukohime:20171007110025j:plain

 

 

2014年 (平成26年)10月に行われました。

お天気にも恵まれ、絶好の行楽日和でした。 

 

先日買ってきたバラ焼きの食材

 

 

f:id:tatukohime:20171006144051j:image

 

 

 

 

f:id:tatukohime:20171006144042j:image

 

 現在はこうして、日本ハムさんから、たまねぎ2個と炒めるだけの調味料がついたお肉が売ってあります。

税込みで650円くらいだったかと。

玉ねぎは多めにいれることや、玉ねぎに味がしみこむまで炒め切ると書かれてありました。

バラ焼きのたれはエバラさんでも出していました。

このB-1グランプリをやったときは郡山市内のスーパーの食品売り場には、いろんなメーカーのB-1グランプリにちなんだ食品を売っておりました。

 

なぜ、郡山でこのときやったかというと、このイベントは、前回優勝したところで次回は開催するということのようで、このときの前回優勝は 福島県浪江町の「浪江やきそば」だったかと。

でも浪江町はご存じのとおり、原発事故によって、全町避難となってしまい(今は一部解除になっていますが)それだったら復興イベントとして、福島県の真ん中の郡山市でやってみようかという話になったと聞きました。

郡山市は交通の便もよいですし。

浪江やきそばについては そのうち書きます。

 

 

 

 

 

郡山パン

デイリーヤマザキで売っていました。

平成29年10月6日撮影

 

f:id:tatukohime:20171006112613j:image

 

 

1日30食限定だそうです。ちなみに秋田県内ではコンビニといえばデイリーヤマザキが主流。

セブンイレブンはつい数年前に秋田県内にオープンしたと聞きます。

のときは長蛇の列だったとか・・・

秋田県内にはセブンイレブン系の物流センターがなかったためではないかと、業界筋?のかたが話してくれました。

 

外見  (お値段は 税込 154円でした)

f:id:tatukohime:20171006112824j:plain

 

  生ホイップクリームとあんこのミックスでボリューム感があり食べ応えがありました。

あんこと生ホイップクリームの組み合わせはわたしとしては ありそうで なかった 組み合わせだと思いました。

 

 

それにしても生ホイップとあんこの組み合わせが何故、郡山パンという名前に由来するのか?という疑問が残りましたけど!

 

 

 

フォンデュのクリームボックス

ここです。

(平成29年10月1日 撮影)

 

またまたクリームボックス探しへ・・・

ここのはクリームボックスのボックス形ではなく、

丸いです

 

f:id:tatukohime:20171002080429j:image     

 チョコのクリームボックス 

持ってくるときにつぶしてしまったせいか、変形してしまいました。

それだけやわらかいということですね。

 

 

f:id:tatukohime:20171002080408j:image 

 定番のクリームボックス

 

f:id:tatukohime:20171002080403j:image

 

 ここのパン屋さんの名物「つのパン」人気商品です。

あまり見た目ほど硬くはありません。

 

f:id:tatukohime:20171002080418j:image

  

ちなみに盛り付けたお皿は、愛知県の「ノリタケ」のものです。お気に入りです。

日曜日など週末の朝の食卓に使っています。

 

 クリームボックスの定番もチョコもお値段は税込み120円ほど。

 

のパンも同じくらいの値段だったかな。

ここのクリームボックスのパンは丸太形の食パンのようで、柔らかかったです。

 

ロミオや なかやパンのよりはお値段は10円ほど高いけれど、こっちのほうがおいしいかな。

 

今のところポンパドオルに匹敵するおいしさです。

チョコも滑らかで意外においしかったです。