みちのく通信

わたしの故郷 みちのく 東北地方の話題を地元新聞 テレビなどからピックアップします

野添憲治さん ① 

野添憲治さんは、秋田県出身のルポライター 作家です。

主に、戦時中に起きた秋田の花岡鉱山で中国人が蜂起した「花岡事件」を追ったかたです。

今年の4月に亡くなりました。

御冥福をお祈りいたします。

 

 

 

 

私は、今年のゴールデンウイークに秋田市の実家へ帰省、そして県北地方をドライブしました。(ブログにも書きました)

それから、花岡事件のことが気になり、郡山に帰ってから、インターネットで検索して、野添さんを見つけました。

そして花岡事件に関する著書も書いておられることを発見しました。

野添さんは、地元の秋田魁(さきがけ)新聞にも文章を寄稿していたらしく、たぶん、私は読んだこともあったかもしれませんが、頭には入っていませんでした。

郡山市の中央図書館で野添さんの本はないかと検索したらありましたので、借りてきました。

 

まずはこの本。

凄惨な花岡事件の詳細がわかります。

この表紙の方がたぶん、中国人で蜂起したリーダーの方でしょう。

 

 

花岡事件と中国人

花岡事件と中国人

 

 

次に借りてきたのが、この本 花岡事件のことも書いてありますが、

満蒙開拓団のことや、秋田県内や東北地方の農村の様子、なんと蟹工船でおなじみの小林多喜二氏のお母さんのことや有名な画家の「いわさきちひろ」のことも出てきます。小林多喜二氏は、秋田県大館市の出身なのですね。

 

 

 

花岡事件など、日本の鉱山や炭鉱で多くの朝鮮人や中国人が強制連行され、過酷な労働を強いられました。

文章を読むと、ひどい仕打ちが数々でてきます。人間としての尊厳を踏みにじる行為に耐えかねて中国人が蜂起したのが花岡事件です。

この本をもし、映像にしたら、メンタルの弱い人にはたぶん、耐えられない場面が多くでてきます。

私は、文章だったから、なんとか読めたけれど、メンタル的にはかなり落ち込みました。

日本も戦争の被害は受けたけれど、こうして加害者であったこと、それについては、今の日本のテレビ報道などでは、取り上げることが少ないです。

また、野添さんは公的な資料なども丹念に調べたそうですが、連行してきた朝鮮人や中国人の具体的な人数を裏付ける資料が少なく、

当時を知る人も尋ねてまわって、なんとかインタビューに応じてもらえたと書いていました。

みな、口が重かったようで、よく信頼を得てインタビューできたことは野添さんのお人柄にもよるのでしょう。

 

当時の公的な資料が少ない、もしくはごっそり抜けている・・・

という野添さんの文章を読んだとき、

私は今の森友、加計学園問題で、財務省が公文書を偽造、破棄というニュースを思い出しました。

戦後、軍部が機密資料などを燃やしたということもニュースや年配の人の話で私も聞いたことがありますが、

日本国のこうした都合の悪いことを「隠す」、

「なかったことにする」という態度、体質は今にはじまったことではないのだなあと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

TOKIOの皆さん

 

少し遅れてしまいましたが、

TOKIO山口達也さんが起こした事件について、福島県在住の者として私なりの意見を述べます。

これは許されないものだけれど、

御本人は涙を流されて震えながら、記者会見をされてました。

ツイッターを見るといろんな意見があるようでした。

 

TOKIOの皆さんが、「連帯責任」として、山口さんを除く4人のメンバーで会見、謝罪していました。

 

 

TOKIOのみなさんは、無報酬で、福島県の農産物の風評被害払拭のために活動してくださっていました。

県内のスーパーの野菜売り場には、TOKIOの方たちの顔写真の「のぼり旗」が掲げていたり、ポスターもみかけたことがあります。

CMにも登場していました。

TOKIOの方たちのフレッシュなイメージと重なり、夏の野菜も果物も一段と新鮮に見えたことを記憶しています

 

事件をおこした山口さんは、所属事務所も解雇され、仕事もなくなり、イメージも悪くなり、かなりな社会的制裁を受けました。

TOKIOのメンバーも、世間の批判にじっと耐え、山口さんのことを心を鬼にして、叱責し、涙も浮かべて謝罪しておりました

その気持ちは福島県民の私にも届きました。

私はけっしてTOKIOファンではありませんが、今まで一生懸命に福島県の農産物を応援していたことを覚えており

感謝しております。

 

 

ところで一方、同じ「山口」という名前の

このジャーナリストの卑劣な行為は なんといえばいいんでしょうか?

 

 

TOKIOの山口さんがしたこと以上の行為をこの山口氏はしております。

しかも安倍総理とは仲がよく、

この卑劣なレイプ行為をもみ消してもらっていたようです。

悪事を取り締まる警察が、一部の人間の悪さを総理の友人であるからといってもみ消してもいいのでしょうか?

安倍総理夫人と山口氏の姉上とは友人という間がらのようです。

私はTOKIOの山口さんやほかのメンバーの謝罪会見を見ながら

「御用ジャーナリストの山口よ!よーくみておけ!

お前のした行為はこれ以上の社会的制裁を受けるのだぞ!!

それに安倍政権!

TOKIOは連帯責任といって真摯に謝罪している。

麻生大臣ほか、今の安部政権は部下のしたことは部下の責任で逃げ切ろうとしている、

上司である大臣の責任はないのか!」

という気持ちでみておりました。

このジャーナリストの山口氏のレイプもみ消し事件のほうがよっぽど卑劣で、悪質、しかも今の政権がからんでいるとは・・・

前の財務事務次官のセクハラ問題に対しての本人ほか、財務官僚や麻生大臣の発言も、今の世間の常識とはかけ離れているものを感じました。

 

TOKIOの人たちは かわいいもんで、こっちのほうがまだ、マシに見えましたね。

今の世の中で、いちばん悪いやつは 一体、だれなんでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

郡山の鯉

先日、所要で郡山市役所に行ったらこんな大きなのぼり旗がありました。

 

 

 

郡山市は鯉の養殖が盛んなようで、郡山市では鯉を使った町おこし的なことを取り組んでいるようです。

 

郡山の鯉の説明です。

鯉料理の調理法も載っていました。

 

 

この説明の中に「このプロジェクトのためにキリンビールから総額1,000万円が日本財団笹川陽平代表)の協力のもと助成された・・」とあります。

もちろん、郡山市の我々の税金もこのプロジェクトに使われています。

日本財団笹川陽平代表・・・・の書き込みに んん??と思いました。笹川陽平氏は衆議院議員です。

笹川財団といえば、日本の政財界のドン的な存在かと思います。

今の安倍政権に対しても多大な影響力を持っているといわれています。

キリンビールも元は財閥系の会社かと・・・・三菱かな。

1,000万円も出してくれるとは太っ腹ですね。

キリンビールは確か昨年の夏にも「福島に乾杯」シリーズで、ご当地ビールを作っていたかと思います。

 

笹川財団→キリンビール地方自治体である郡山市

こうして笹川財団の影響力は日本の津々浦々に浸透するわけですなあ・・・・

 

肝心の鯉の料理ですが、郡山市がこのような取り組みをしていると知っている 郡山市民は少ないと思います。

郡山市のPR下手っていうのもあると思いますが。

なにせ、私も周りでも鯉料理を積極的に食べる、好んで食べるっていう郡山市民ってあまり見ませんからね・・・

どちらかというと、好きではないっていう人が多いかな。

郡山市の政策と、市民の動向がかけ離れている感じが否めませんね。

郡山市内の唯一のデパートである、

うすいデパートの地下で鯉の甘露煮が売っていた時があり買ってみましたが、

鯉独特の苦さがあり、川魚でもあるので、泥臭さが残っていて、私はあまり・・・

地元のスーパーのヨークベニマルでも、鯉料理の材料そのもの売っているのを見たときがありませんね・・・

調理方法も手間がかかり、昨今では働く主婦も増えていることから、需要が伸びないのでしょうね。

こうしたプロジェクトに先導されて

郡山市内のレストランやホテルなどでは、従来の調理法ではなく、洋風にアレンジした新しい鯉の創作料理を提供しているようです。

郡山だけでなく、東北の各地、日本の各地では、お祝い事があった時に鯉を食べる習慣があるところがあるようです。

私の実家のある秋田でも、父が昔、結婚式などのお祝いごとがあったときに、食べていたのを記憶しております。

鯉の甘露煮や鯉の刺身である「鯉のあらい」を食べていましたね。

それでも秋田でもあまり食べなくなったんじゃないでしょうかね。

鯉は薬用にも用いられていると郡山市内のホームページにあり、初めて知りました。

 

郡山市ではほかにはワインで町おこし的なプロジェクトもあるようで、最近、ワイナリーができたようです。

私としては、鯉料理プロジェクトよりも、ワインプロジェクトのほうが市民になじむんじゃないかなあと思います。

鯉料理という、郷土の味を大事にしたいという思いもあるけれどね・・・

こういうのにも我々の税金が使われていると思うと、もっと市民の趣向や動向を見極めて もっと有意義に使ってほしいと思います。

 

 

 

 

今回の秋田への帰省で平和も考えました。

先日の秋田への帰省の際には、秋田県の県北地方へドライブしました。

秋田の県北地方は、鉱山が多く、昔は鉄鉱石、鉛、銅などいろいろとれたようです。

今回は通りすがりでしたけれど。

 

秋田県大館市の花岡には昔「花岡鉱山」がありました。

戦時中、多くの中国人が強制労働させられ、それに耐えかねた中国人労働者たちが、蜂起し、900人以上の犠牲者がでてそのおよそ半数以上が死亡というむごたらしい事件があったことを思い出しました。

詳しくはネットで検索してみてください。

秋田にいたころ、テレビのニュースで裁判がどうのこうのとか、慰霊祭を行ったとかいうニュースは聞いていたので、知っていました。

でも、あまり詳しくは知りませんでした。

日本も戦争の被害者であると同時に、加害国でもあるということ。

それにはっとさせられました。

 

 

 

 

野添さんは秋田県の出身です。

今年の4月に亡くなったようです。確か80歳台でした。

ノンフィクション作家として、花岡事件に関わった人々に丹念に取材を重ねていったそうです。

むごたらしい事件だったので、人々の口は重かったようです。

戦争体験者の親戚のおじいちゃんやおばあちゃんはよく

「日本って中国に対してもひどいことをしてきたんだよ・・」

とポツリと語っただけで、あまり多くのことを話そうとはしなかったことを思い出します。

ドイツの、ナチスの怖さ、恐ろしさをテレビや映画でやってますが、日本国内でもこうしたことが横行していたことを夏の終戦記念日のころでも、あまり日本国内では報道されませんね。

(あ、世界的には9月2日が終戦記念日になります。

戦艦ミズーリ号の上で終戦の契約書にサインした日が9月2日。

8月15日は昭和天皇玉音放送が流れた日なので、日本はここでも敗戦から目をそらしていると語る識者もいます)

中国大陸での旧日本軍の731部隊のことは昨年のNHKでもやってましたが、これもむごい、残虐な事件です。

日本国内でもこうした残虐なことがあったことに

知らない日本人も多いと思います。

あまりに残虐なので、目をそらしたい気持ちもわかりますけど・・・

あらためて、平和や人権というものの大切さがわかります。

毎年、大館市花岡事件の犠牲者への慰霊祭が開かれているようです。

花岡事件があったのは6月30日とのこと。

そして二度とこうした悲惨なことが起こらないように、語りつぐ人々もいます。

こうした悲惨な事件にふたをしたい気持ちもありますが、日本人として、辛くとも向き合わないといけないのだと思います。

 

731部隊もそうですが、日本人はどこか中国人や朝鮮人に対して差別意識をずっと持っているのではないかと思います。

だから、むごたらしいことができたんだと思います。

日本はアジアではいち早く近代化し、工業立国となり、アジアで飛びぬけて先進国になり欧米列強と肩を並べ、経済大国となった日本。

だからアジアの諸外国よりも優越感があるのだと思います。

私自身も正直言って、そんな気持ちが心のどこかにあります。

ですが、昨今の世界情勢、とりわけ中国の経済成長には目を見張るものがあります。

また韓国の平昌オリンピックの開会式、閉会式ではエレクトロニクス技術を生かした素晴らしい演出でした。

 

今、朝鮮半島が非核化に向けて動いています。

世界がダイナミックにかわっていっているときに、狭い国で、他国の悪口を言っている場合ではないと思います。

同じアジアの国に住むものとして、

「アジア人同士戦わず」

平和は大事です。本当に・・・・

 

平成30年 5月秋田への帰省 おみやげ編~北限の桃~

秋田県の県北の鹿角(かづの)地方は特に寒い地域です。

主に果物のりんごの生産地でもありますが、

桃もとれるようです。

鹿角地方が、日本の桃の生産地では収穫が一番遅く、9月の半ばに収穫されるそうです。

ラベルには、

「北限の桃は、9月半ばに出荷されるため昨今の残暑の激しい首都圏ではよろこばれております」とのこと。

 

 

これからの暑くなる季節にはぴったり!!

さっぱりとしていて、トマトサラダに少しかけるとおいしいです。

後味として、桃のほんのりとした甘さがのこります。

焼肉のたれもありました。

 

 

醤油ベースです。

調味料のみで なめてみたら、少しきついかなと・・・

甘ったるくなく、きりっとしていて、夏の焼肉には、さっぱりとした味になるかと思います。

桃といえば、東北では福島県が産地です。

山形などもそうです。こういった果肉がやわらか系のは、比較的暖かい地方でないと採れないのかもしれませんね。

果肉の硬い、りんごなどは青森、秋田が東北では産地かと思います。

もちろん、南東北でも採れますが。

福島県では、桃は、お盆前に収穫されますね、お盆前だと「あかつき」だったかな。

その後は「川中島」とか。

福島県では桃の収穫は8月くらいで収穫はおわりかと思います。

桃もいろんな種類がありますね。

今回にて、秋田への帰省のお土産編はこれで終わり。

ほかにもいろいろ買ってきたのですが・・・・

主に自分が食べたいものを買ってきました。

食べ物ばっかりのおみやげでしたね。それでは。

 

 

 

 

 

 

 

平成30年5月GW 秋田への帰省 おみやげ編 ~あきた きりたんぽパイ~

大潟村のパンプキンパイに引き続き、

パイつながりでの秋田市のお菓子メーカーの「きりたんぽパイ」

 

 

 

これは、普通においしいという感じ。

数も多くはいっていて、日持ちもするので私は職場のおみやげに買っていきました。

これは小さいほうですが、値段は税込540円ほど。

値段も手ごろなので、大人数のところのおみやげには適しているかと・・・・

 

 

 

 

平成30年5月GW 秋田への帰省 おみやげ編 ~大潟村のパンプキンパイ~

大潟村のパンプキンパイ。

 

 

これも人気商品のようですね。

いつも錦秋湖サービスエリアの売店で常時売っています。前は6つ入って600円でしたが、値上がりし、

今では5つで同じ値段です・・・・

心なしか、小さくなったような気がします。

 

大潟村というところは、かつての八郎潟干拓してできた村です。

入植者といって、秋田県外から多くの人が入植してきました。

関東や関西出身の人も多かったようです。

高校の同級生でも秋田市の高校へ大潟村から通っている人もいました。

大潟村から来ている同級生たちは、みなさん、成績も優秀で言葉もきれいだったと記憶しています。

大潟村はお米が主力農産物ですが、そのほかにこうしてお菓子なども多くつくっているようです。

大潟村はとても広く、道路もまっすぐで北海道みたいな感じです。

春の菜の花ロードがきれいです。