みちのく通信

わたしの故郷 みちのく 東北地方の話題を地元新聞 テレビなどからピックアップします

「戦争の時も咲いていた」 三春 滝桜

f:id:tatukohime:20170811122201j:image

2016年  4月撮影  福島県  三春町(みはるまち)の樹齢 1,000年!!と言われる滝桜

 

f:id:tatukohime:20170811122423j:image

 

支柱があり

老木を支える杖のような……。

 

 「戦争の時も 咲いていた」

この言葉は、今は亡き、夫の母親がポツリと言った言葉です。

(夫の母親を約10年、夫と二人三脚で介護しました)

私は、この言葉、忘れることができません。

 

夫の母親は、この滝桜周辺の町の出身です。

遺品整理していたときに、夫の母親の小さいころの写真も出てきて、

たぶん、この滝桜に学校の遠足で行った

ものと思われます。

 

昨日、原発事故避難者のための仮設住宅のことも書きましたが、

この滝桜の近くの「滝地区」にも

ログハウス風な仮設住宅があります。

昨年いったときにもまだあったのですが、外壁は色あせて、人があまり住んでいる気配もなく、たぶん、みなさん、引っ越されたのでしょう。

 

原発事故の時も咲いていた」

原発事故がおこった年にも私は行ってきました。

その時も、滝桜は咲いていました。

何事もなかったように咲く桜の花に、不思議な感慨を覚えて

見上げたことを記憶しております。

 

 

その時はもうすでに夫の母親は亡くなっていて早3年ほどたっていました。

いつもは 滝桜保存協力金としてお金をとるのですが

(駐車場代の中に入っています)

原発事故がおこったときは、人もまばらのためか

その年はお金は取っていませんでした。

観光客が激減し、地元の人しかきていませんでした。

昨年はしっかりとお金をとられましたが、滝桜の保存にも手間暇もかかるし、

周辺の道路や駐車場の整備にもお金がかかるので

そういう意味でも、入場料としてお金をとっています。

滝桜以外にも、福島県内の名だたる観光地は観光客が激減していました。

会津下郷町の大内宿なども まばらでした )

 

最近は、地元の人々の努力や全国の皆さんのご協力で

福島県内の観光地もずいぶん、客足が戻ってきました。

それでも、震災を機に、とある温泉街では旅館が5軒、店じまいしたという

ニュースも先日ききました。

 

明日は、夫の両親のお墓参りに行ってきます。