みちのく通信

わたしの故郷 みちのく 東北地方の話題を地元新聞 テレビなどからピックアップします

お盆の郷土料理 「切り昆布と麩の煮物」

南東北(宮城 山形 福島)では

 麩 は郷土料理の材料ではメジャーな存在かと……。

 

こちらのスーパーでも良く売られている仙台麩  

二本入りですが一本使いました

 

f:id:tatukohime:20170814194000j:image

 お盆の時期になると この仙台麩と切り昆布がセットで地元のスーパーでは

目立つ場所に置かれています。

 

姑もよくお盆の時期には切り昆布と麩の煮物を作っていたので

郡山でのお盆の郷土料理とわたしは認識しております。

 

わたしはお盆の時期

姑の作っていたものを見よう見まねで作っています

切り昆布と麩の煮物

 

f:id:tatukohime:20170814194347j:image        f:id:tatukohime:20170814194425j:image   

 

 味付けは  干し椎茸のだし  醤油  

細かいとこは麺つゆで手抜きしてます。

今回は入れなかったけれど

これに油揚げも入れるといいですね。

 

麩は肉じゃがにいれるとコクがでて美味いです。

 

 

この仙台麩は東北自動車道のサービスエリアにも売ってて

 

仙台麩を使った料理の実演販売をしているのをみたことがありました。

 

麺つゆに この仙台麩を切りいれるだけというおつゆ。

 

簡単で美味しかったです。

 

 

なお 麩の材料は小麦粉  グルテンなので

 

グルテンフリーとかいう今流行りの食事を愛用している人はダメですね

 

 

わたしは糖質とかグルテンフリーとかなんとかいうようなものには無頓着な田舎の人間なので

なんでもこだわらず食べます。

 

季節のもの  旬のもの

亡くなった人がよく作ってくれた料理

 

美味しくいただいています。