みちのく通信

わたしの故郷 みちのく 東北地方の話題を地元新聞 テレビなどからピックアップします

高齢者の運転免許返納の記事

 

今朝 8月22日 福島民友新聞

高齢者の免許証の自主返納が増えてきているという記事。

地方では、車はかかせない「足」

なかなか手放せない人も多いです。

 

 

f:id:tatukohime:20170822172922j:image

 

この記事によると、私が住む郡山市でも今月の8月から、

75歳以上の方で運転免許証を自主返納した人には、

5,000円分のバス、タクシー利用券が交付されるという。

地方では自主返納を促すためにも、

こうした、「足」確保の支援が急務です。

 

私の秋田市に住む実父も80歳を超え、ついに免許証を自主返納しました。

運転免許証を返納してしまうと、自分を証明する、「身分証明書」がなくなるのが嫌だという人もいるのですが、

免許証を返納すると、ちゃんと、身分証明書として別な証明書が交付されるから

そこのところは安心です。(父に見せてもらいました)

買い物は、生協のバスを利用したり、(近くの公民館まで来てくれるそうです)

あとは生協の宅配で注文したりして、食品、日用品などの生活に必要なものは確保できているようです。

私の実家のあるところは、秋田駅前まで割と近く、バスで10分から15分くらいです。

秋田のイオンなどは、週末、無料の買い物バスが秋田駅からイオンまで往復で出ていたりすることがあるそうです。

そしてやはり、市から買い物バス券が交付されることもありがたいと話していました。

昨今のニュースで、高齢者の車の事故が増えているにつれ、ついに実父も決断をしたようです。

娘の私としてはほっとしています。

特に秋田では冬道は雪が降って凍るので大変危険です。

ここ郡山でも冬は雪が降りますが、秋田ほど降りません。

でも、寒い日は道が凍って、「ブラックアイス」状態になることが多く

郡山でも冬場の朝晩は運転に注意が必要です。

東北の太平洋側は冬でもあまり雪が降らず晴れていることが多いです。

 

このメインブログには、東北の話題を主に書いているのですが、

サブブログ「これからの暮らしを考える」

http://tatukohime-life.hatenadiary.com

には、年金や介護、健康保険のことなど書いています。

このテーマは私が今、興味を持っている分野で、これからいろいろ情報を集めて勉強していきたいと思っている分野です。

私も両親も年を取ってきましたので、意識せざるを得なくなってまいりました。

ご興味のある方は、遊びにきてくださいね。