みちのく通信

わたしの故郷 みちのく 東北地方の話題を地元新聞 テレビなどからピックアップします

秋田の郷土食 「だまこ鍋」

秋田県といえば、きりたんぽ鍋が有名ですが、(きりたんぽ鍋は、県北の大館市(おおだてし)が本場です)

 

私の実家のある秋田市近郊は、この「だまこ鍋」です。

だまこもちとも言います

昨年、11月に帰省した際に、秋田県五城目町(ごじょうのめまち)の道の駅で食べました。

 

f:id:tatukohime:20170917174504j:image

 

これから収穫を迎え、季節の野菜、きのこなどが出まわる、11月頃からがおいしいのではと思います。

写真の真ん中あたりに白い丸いのがあると思いますが、これがいわゆる「だまこ」です。

 

だまこ・・・というのは、あきた米を軽くすりつぶして、まるくまるめたもの。

きりたんぽは串にとおして囲炉裏で焼きます。最近は きりたんぽも だまこ も スーパーでパックで売ってあります。

 

だまこ鍋醤油ベースの比内鶏のだしがきいておいしかったです。きりたんぽ鍋も基本は同じ味付けのスープです。

 

 

秋田の方言は、最後に「こ」をつけたりします。

たとえば「雪っこ」「フナっこ」「どじょっこ」

 

ちなみに 福島 山形 宮城では「芋煮会」といいますが、

 

秋田ではこういう鍋を野外で囲む行事については、「鍋っこ」といいます。

 

青森県ではこういう風習はないとききましたが、今は、どうなんでしょう。岩手もあまりきいたことがありません。

 

だまこの由来は私が推測するに、丸めたものを 

玉(だま)というのですが、これに「こ」をつけたものだと思います。

白いお米のだまこは、いわば餅みたいな感じで、汁は濃い味付けにしたほうが、

だまこに染みておいしいと思います。私はね♪