みちのく通信

わたしの故郷 みちのく 東北地方の話題を地元新聞 テレビなどからピックアップします

地方の商業地図

わたしがたまに行く  個人経営のカフェ。

 

文庫本やお料理の本などセンスの光る本が置いてあります。

 

あなたの街にも個人経営の小さな喫茶店 カフェ ありませんか?

 

 

下の写真の本は シリーズ第二弾ですが

このカフェに置いてあった第一弾をきっかけに

以下の中古本を買いました。

 

f:id:tatukohime:20170925173255j:image

 

群ようこさんの

「パンとスープとネコ日和  福も来た」です

 

わたしのサブブログにこの本の感想を書きました。

 

http:// bookcafe-tatukohime.hatenadiary.com

  

こうした地方の個人経営の小さなカフェは

駐車場もないところが多いです

スタバ  ドトール  コメダなど ここ郡山も一通りのコーヒーチェーン店があります。

 

地方は車社会なので 駐車場の大きなお店にひとが流れます。

特にここ東北では、がっつりと車社会です。

電車や地下鉄が発達している都会では、こうした小さなカフェなどもまだまだあるようですが、

ここ東北では、駐車場を広くとれるかどうかによってその店の明暗も分かれるようです。

 

昨今のコーヒーチェーン店はコーヒーも美味しく安く提供しているので

(最新鋭のコーヒーマシンが優れているのだと思います)

 

個人経営のお店は淘汰されつつあります。

こうした個人経営のカフェには頑張ってもらいたい......

などと

一瞬、私はありがちな勝手な感想をいだきがち。

 

我々消費者が足を運んで、お金を使わなければ、

こうしたカフェは潰れていきます。

 

わたしもボランティアをしている訳ではないので シビアに中身と値段をコーヒーチェーンと見比べながらそしてお店選びを選択しています。

 

こうした個人経営のカフェは 一言で言うならば

店主の魅力に尽きると言うのがわたしの感想です。

 

コーヒーチェーン店にはない

店主とコミュニケーションを重ねるのが面白いとかね。

 

ですが コーヒーチェーン店の値段とくらべても 高いと感じます。

 

「パンとスープとネコ日和」

にはアキコさんという元編集者がパンとスープのお店を開いていくのですが、

こうしたお店経営の取り巻く状況も書かれています。

本では舞台は東京のようですが

 

地元の個人経営のお店が淘汰されてと大型チェーン店の進出がものすごい …など

東北地方 のみならず

日本の地方はどこでも昨今はこういう商業地図になってきてますね...

というよりも既にもうわたしが住んでいるところでは淘汰が一巡したような気がします。