みちのく通信

わたしの故郷 みちのく 東北地方の話題を地元新聞 テレビなどからピックアップします

東京と地方の広告の違い

東京に行くと  やたらと

自己啓発」の広告が目立つと思いました。

 

本当の自分を探そう」とか

「まだ見ぬ自分への出会い」とか

 

主に転職サイトの広告ですが

地下鉄の構内や電車内でも見かけます。

 

化粧品メーカーの広告も

女性の生き方の追求的なイメージ広告をよく見かけます。

 

 

一方 地方のわたしが住んでいるようなところですと

田んぼの真ん中に  デデン!!

薄皮はひとつ」(これは郡山名物  柏屋 薄皮饅頭の看板)  だったり

 

山の上には

酒は大七」(これは地元の酒造メーカーの看板)

 

あるいは もっと田舎のほうに行くと役場の前には

自衛官募集!」などの看板があります。

 

主に地元の企業の商品を宣伝している広告が多いと思います。

 

東京のような洗練された自己啓発  

意識高いぞ系のイメージ広告は地方では少ないと思います。

 

東京などの自己啓発系の広告を毎日

通勤時に目にするとなれば

わたしなどはなんだか煽られるような

急かされているような気がしてきます。

 

このような広告に日々晒されてしまうと

わたしなどは

気づかないうちに心が疲れてしまいかねないと思いました。

 

一方こうした東京の意識高いぞ系の広告は色彩が綺麗だったりして

洗練された文化的なものも感じられ

地方の田舎にはないものだとわたしは思いました。