みちのく通信

わたしの故郷 みちのく 東北地方の話題を地元新聞 テレビなどからピックアップします

一人当たりの県民所得(東北各県の比較)

先日買った、福島県民手帳の巻末にあった統計。

平成26年度とやや古いですが、内閣府の県民経済計算の統計です。

 

東北各県をランク付けすると、一人当たりの県民所得は(単位千円)

第一位 福島県 2,861円

第二位 宮城県 2,807円

第三位 岩手県 2,716円

第四位 山形県 2,589円

第五位 秋田県 2,467円

第六位 青森県 2,405円 でした。

 

私は第一位は宮城県かと思っていましたが、

なんとわが県 福島県とは!前にもこの手帳を買ったことがあるのですがその時の統計では確か、宮城県が一位だったかと思います。

むむ、私の実家のある秋田県は第五位か。

所得が低い、貧乏県とは聞いていましたが・・・

秋田県は農業県でもあるので、昨今は米価も下がり、その影響もあるのかと。

 

それに全国に抜きんでて少子高齢化が進んでいる県でもあります。

 

それにしても、福島県がトップとは・・震災後、原発の補償金とか、土地の買い上げなどもあったり、また、太陽光発電や医療機器の会社の進出 建設業などや除染業者の進出、などもあったり、復興需要などもあったせいかなと思いました。

 

次回あたりはどうなるのでしょうか。

 

年間商品販売額(単位 億円)という平成25年の経済産業省の商業統計もあり、さすがにそれには宮城県がダントツで100,441円でした。

 

福島県はそれでも第二位で41,986円でした。

 

これをみると、福島県の場合は、お金があっても使うところがない・・ということなのかなあと思いました。

宮城県福島県以外ではあとは20,000円台でした

(単位 億円)

 

そうですよね、宮城県は東北一の仙台市がありますし、そこには高級ブランドの仙台三越などもありますものね。

私も仙台にはよく買い物に出かけます。

東北各県から人が集まる街が仙台ですよね。

 

ちなみに東京都は一人当たりの県民所得が4,512円(単位 千円)やはり全国一位でした。

意外だったのが、横浜市を抱える大都会がある神奈川県が2,929円でした。

関東のなかでも 埼玉県の次に所得が低かったです。

埼玉県は東京都のベットタウンでもあるので、東京都に通っているサラリーマンなどが多く、どーん!とした企業がないせいかなあと思いました。

 

茨城県はなんといっても日立がありますしね。

関東で東京都の次に裕福なのは栃木県3,204円でした。

 

それと関連があるのかわかりませんが、

栃木県は有名な政治家を輩出していますね。

群馬県もそうですね。

 

東京都はダントツとして、

関東のなかでもなんと!茨城県や栃木県、群馬県などの北関東の県のほうが裕福な数字が並んでいました。

 

U字工事さんの漫才じゃないけれど、北関東、馬鹿にできませんよね。