みちのく通信

わたしの故郷 みちのく 東北地方の話題を地元新聞 テレビなどからピックアップします

メタボ率の(平成27年度の厚生労働省の調査)東北各県比較

平成29年11月2日の福島民友新聞

福島県はワースト第3位とのこと。

 

f:id:tatukohime:20171102122521j:image

 

 

f:id:tatukohime:20171102122527j:image

 東北六県の比較をしてみます。

 

第1位 沖縄県 17.5%

第2位 宮城県 17.2%

第3位 福島県 17.1%

第4位 秋田県 17.0%   僅差で推移してますね。

第6位 岩手県 15.8%

第13位 青森県 15.5%

第29位 山形県 14.4% でした。

 

このメタボ率調査は、特定健診(40歳以上74歳)の男女が対象になっています。

エスト周りをもとに診断されるそうです。

エスト周り(へその高さの腹囲)男性が85㎝ 女性が90㎝を超えるとメタボと診断されます。

 

特定健診をうけた中高年男女の中でメタボ(腹周りが大きい)の人の割合をメタボ率というらしいです。

また予備軍と診断された人もいて、

福島県の場合は、特定受診をした人の総人数は418,275人で

その中でメタボ率は17.1%で71,501人

予備率は12.5%で52,112人とのこと。

しっかりメタボの人と、その予備軍を合わせた割合は29.6%だそうです。

こうしてみるとワースト上位の中には、東北六県が入っていますね。

これは震災以降、仮設住宅で引きこもりがちになってしまい、運動をしない人が増えているとの指摘がありました。

 

私は、東北地方は「米どころ」ということもあるかと思います。

とにかくごはんは美味しいです。

これからは新米が出回る季節と収穫の秋ということもあり、メタボ率が増加してしまいそうです

ごはんに合う塩辛い食文化もあり、それがメタボにつながっているのかもしれません。

こうした数字をみると 確かに福島県内の私のまわりでは、ずんぐりむっくりした体形の中高年男女が多いと思います。

 

秋田県は背の高い人が多いので(秋田出身の私も身長は165㎝あります。でも どすこい体形ではないですよ)

ずんぐりむっくりというよりも、お相撲さんのような

どすこい体形の人が多いような・・・特に秋田の男性は。

私が学生時代に、大阪や京都などの関西地方を旅行した時に思ったのが

「小柄でスリムで軽やかな感じの体形の人が男女とも多いなあ」です。

今回の数字にもそれが表れています。

大阪 第39位 13.7%

京都 第43位 13.5%

やはり、関西は上品な薄味の食文化のせいでしょうかね。

ちなみに東京は 第44位 13.4% 

東京の女性は皆さんスリムですね~

一番メタボ率が低かったのが岐阜県で12.9

 

健康寿命を延ばす取り組みをしていることで有名な

長野県は第41位 13.6%でした。