みちのく通信

わたしの故郷 みちのく 東北地方の話題を地元新聞 テレビなどからピックアップします

コメの全袋検査

 

東日本大震災原発事故から6年がたち、2012年からずっと福島県ではお米の全袋検査をしております。

2015年と2016年の2年間では、食品の基準値である1キロ当たり100ベクレルを超えたケースないと報じています

(裏を返せばその前の4年間は でた ってことですけどね・・)

私も震災後から、福島県のお米は食べています。

福島米を食べたからと言って、特に具合が悪くなったとかいうのはありません

この記事では、全袋検査にかかる費用は約60億円、

そのうちの約52億円は東京電力へ損害賠償として請求し、

残りの約7億円は国費 

つまり皆様の税金で賄われているとのこと。

 

現場からは労力的に大変、風評対策として安全性の証明は必要という声が半々くらいあり、コメの全袋検査というのは今、岐路にあると報じています。

 

米や農産物の放射能検査というのは、福島県内では

ばっちりとやっているのでかえって、安全だという声も県内では多く聞かれました。

 

福島県民だけでなく、皆様の貴重な税金も使われているわけですから、安全性がわかれば、地域を限定して検査してみるのも一つの方法だと思います。