みちのく通信

わたしの故郷 みちのく 東北地方の話題を地元新聞 テレビなどからピックアップします

秋田への帰省 第2日目 平成30年5月3日(木)秋田市「せきや」

秋田に着いた5月2日は、暑いくらいで、郡山よりも最高気温が高く29度だったようです。

次の日の3日は、雨が降り、肌寒く感じました。

この日は自宅近くでゆっくりしたり、両親と買い物などをしました。

秋田市通町(とおりまち)にある「せきや」さんに行きました。

 

 

 

ここは、昔からあるお店です。

昔よりもずいぶんとこぎれいになり、スーパーになってました。

電子マネーもレジにて使えるようでした。

スーパーといっても郡山にあるヨークベニマルのような都会的な感じではありません。

秋田の食材を豊富にそろえてあるし、魚が充実、お惣菜やお弁当も昔のおふくろ味風で、どこか懐かしいものが豊富にそろえてありました。

値段も郡山のスーパーよりも安いと思いました。

 

仕出しもやっています。

「せきや」というと鰻の蒲焼が有名で、

夏の土用の丑の日になるこのお店がニュースでよく登場し

ていたのを思い出します。

 

秋田の地場野菜である「さしびろ」

 

 

さしびろの説明

 

 

九条ネギに似ているなあと思っていたところ、

説明をみると、やはり九条ネギ系だそうです。

写真をとるのを忘れましたが、酢味噌で食べたりしました。

さしびろは 九条ネギよりも若干、硬いなあと思いました。

秋田の春の食材のひとつです。

 

 

 

えごの説明。

これも秋田ならではの食材かと思います。

 

 

つるっとした食感で、ノンカロリー。

美容、ダイエット食品みたいな感じです。

 

実家ではこんな感じで食べてます。

黒いのが「えご」です。

 

懐かしさで買いました。

「おやき」 です。

 

もちのなかに、あんこが入っています。

昔はもっと大きかったかと思います。

小さくなりましたね。

子供のころ、よく食べていました。

もちもちして美味しかったです。