みちのく通信

わたしの故郷 みちのく 東北地方の話題を地元新聞 テレビなどからピックアップします

平成30年5月GW 秋田への帰省 おみやげ編 ~なると餅~

なると餅・・・

なるほど、なるとの渦のような模様ですね。

これは秋田県南、特に角館町や湯沢、羽後町近辺のお菓子です。

以前、角館に行った時も買ったことがあります。

私は、小さい頃、父の転勤で、

県南の羽後町西馬音内(にしもない)

に住んでいたときがあります。

錦秋湖サービスエリアの売店でみかけたパッケージの生産者欄に「秋田県羽後町西馬音内(にしもない)」

という住所をみかけ、懐かしさから購入しました。

 

 

 

秋田県羽後町西馬音内(うごまち にしもない)というところは、夏の盆踊りで有名です。

これについては後日記載します。

 

 

なると餅ですが、中はあんこがはいっています。

餅ですが、しっかり餅っていう感じではなく、京風な何か上品な感じがして、私は食べるたびにそう思います。

今回買ったものは羽後町のものですが、角館町でも同じようなものが売っています。

角館町はとくに、京都の公家の姫が嫁いできたという歴史があるせいか、お菓子もなにか京都風な感じがします。

下に笹の葉が敷いてあります。

今回のは4個 はいって税込480円でした。