みちのく通信

わたしの故郷 みちのく 東北地方の話題を地元新聞 テレビなどからピックアップします

秋田県羽後町西馬音内(にしもない)

秋田県羽後町西馬音内(にしもない)、ここに私は小さな頃(小学校にあがる前)

父の転勤で、約5年間住んでいました。

秋田県の県南の内陸の町です。

日本酒の「美酒爛漫」で有名な湯沢市に近いところです。

秋田県内有数の豪雪地帯。米どころです。

雪もすごかったです。

毎年8月のお盆の頃に開催される西馬音内盆踊りで有名です。

 

西馬音内盆踊りは昭和46年 秋田県無形文化財に指定されました。

私もこどものころ かがり火のまえで踊ったことがあります。

こどもは夜の8時までで、えんぴつなどの景品をもらって帰ります。

子供の頃の記憶は私はここからです。

母も体育館で習いにいったと話していました。

踊りは かなり難しいと話していました。

 

2018年8月27日月曜日、夜7時半からの「鶴瓶の家族に乾杯!」でこの羽後町が放送されました。

私は普段、テレビはあまりみないのですが、このとき、実家の母から電話がかかってきて、30分を過ぎたあたりからようやく見ました。

 

 

 

ダンサーの三浦大地さんなども出演されていました。

冒頭の30分間は見逃してしまったのですが、

母が「昔、羽後町でお世話になった人、出たよ!懐かしいねえ」といっておりました。

それは7代続いている、佐藤家が経営する、「大黒屋」

当時 雑貨や金物などを売っていたと思います。

私もうっすらと記憶があるのですが、とっても大きな家で黒い太い柱があり、

なぜかわかりませんが、両親と小さな私や姉にも御膳を用意してもてなしてくれたことがあります。

「大黒屋」さんには、私や姉と同じ年頃の子供がいてよく遊んでいました。

たくさんの従業員の方がいました。

西馬音内盆踊りは特に記憶があり、黒い彦三頭巾(ひこさずきん)の踊り手が怖かったのですが、

頭巾をあげると幼馴染のところで働いている きれいなお姉さんだったので、なんだか安心した記憶があります。

羽後町というところは、羽後牛(うごぎゅう)や西馬音内そばが有名。

五輪坂(ごりんざか)というところもあり、ここは保育園の遠足で行った記憶があります。

緑の広い芝生が印象的でした。

この町は農家が多く、農作業中、子供を預けるところが必要なため   

当時 幼稚園というのはなかったなあ・・・

当時、うちは秋田県内をぐるぐる回る転勤族のサラリーマン世帯、

また昭和の景気のいい時代と、羽後町の人々の義理堅いところもあったせいか、父の仕事の関係でお歳暮など

とってももらい物が多かったと記憶しています。

クリスマスケーキなどもたくさんいただき、冷蔵庫に入りきらず、母は置くところがないと箱ごとお風呂場においていたと記憶しています。

なので、私はサンタさんは、お風呂場から来るものだと当時思っていました。笑  

 

テレビを見ながら懐かしいなあと思ってみていました。