みちのく通信

わたしの故郷 みちのく 東北地方の話題を地元新聞 テレビなどからピックアップします

国の基幹統計の不正

国の基幹統計の不正が取りざたされております。

現在、国会で野党に叩かれている根本匠厚生労働大臣

この方は福島県郡山市出身の衆議院議員です。

当選回数も4回か5回ぐらいはあるかな。

私はこの根本匠厚生労働大臣の選挙区に住んでいます。

 

 

地域のお祭りや、会合などでお見かけした時があり、握手したり、一緒に写真撮ったりした時があります。

見た感じ、正直で真面目、気さくな人と言う印象でした。

 

この方は自民党岸田派の議員です。

ですが、昨年の西日本豪雨があった際に赤坂自民亭での会合で岸田さんは安倍政権と手を組んだようですね。

 

 

根本匠厚生労働大臣は、昨年

大臣に就任したばかりなので

あまりよくわからないと思います。

もともといる厚生労働省の官僚 大西裕之 前政策統括官と言う方を国会に呼んできて

どういったいきさつで統計を曲げたのかを知りたいです。

この人がいちばん厚生労働省の統計不正の本丸にいた方ですし、実務的なトップの方かと思います。

ですが早々にこの大西さんの首を切り、

もう担当者でない

辞めちゃった人だからって言う理由で国会にも呼ばないと言う防衛線を与党は張っています。

 

昨年2018年12月13日に統計委員会の西村委員長が厚生労働省に対して「抽出調査は重大なルール違反」と報告しております。

 

 

私もTwitterにあげましたが

このリテラの記事を見ると

12月20日に大西統括官が根本大臣に報告、

根本大臣はこの報告を知っていながら、なんと!

12月21日に政府は2019年度当初予算案を閣議決定しています。

統計という  客観性を持った数字をもとに政策を決めたりするのですよね?!

間違った数字を根拠にして国民生活に直結する政策を決める事は言語道断です!

12月28日に朝日新聞がスクープしたとされ

この日に根本大臣は安倍総理に報告しているとなってますけど……。

多分根本大臣は12月13日に重大な統計違反を知っていたと思います。

知っていながら、総理に報告もせず?閣議決定を進めてしまった?

根本大臣の責任も大きいと思います。

なぜ根本大臣も「総理それは重大なルール違反ですよ!」と言わないのでしょうか?

根本大臣もついに安倍政権の毒がまわったのでしょう!

人事権全てを官邸が握っているのですものね。

自民党衆議院村上誠一郎さんが今の政権内部の状態を話しております

 

 

先ほど挙げた統計委員会の西村委員長が言う「抽出調査は重大なルール違反」…….

抽出調査?

そういえば平成29年に私が勤めている職場に国(国土交通省)から統計調査の依頼はがきがきました。

 

「あなたの会社は無作為に選ばれました」と言う案内書きがあったのですが

その割には立て続けに調査依頼がきた感じ

(その平成29年の前にもきました)

で違和感を持ちつつも、国からの調査依頼と言うことで

間違えてはならないと思い、

真面目に記入して期日までに送付した覚えがあります。

国からの案内には「国民生活の利便性や政策に反映するもの」と書かれていたので

大変重大なものなんだと思って緊張して間違えないようにと書きました。

今日、職場の上司とこの統計不正について話し合いました。

私たちが出した調査統計は景気にすぐ直結する統計でもあり、無作為に選ばれた割には2回もきたと言う事は、

業績が良く過去に真面目に出している会社を意図的に選んで、アベノミクスが好調なことを

裏付ける数字として利用されたのではないか?

政府にいいように利用されたのではないか?

そんなふうに私たちは疑っております。

我々国民が真面目に間違えないようにと出した数字が

今の政権にいいように利用され、

それを取りまとめる国がいいかげんな扱いをしていることに

とても腹が立ちます!